『奪い愛、冬』役に入り込んでいる水野美紀の演技が怖い、怖すぎる!名言を一挙紹介!

Pocket

昼ドラに劣らないドロドロホラー感かつドキドキハラハラなスリリングさが堪らないドラマ!

そのドラマとは毎週金曜23時15分から放送の「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)です!

主演の倉科カナさんをはじめ出演陣の名演技に心が引き込まれます。

その中でも、夫の浮気心に勘付き、嫉妬に狂った妻を演じる水野美紀さんの演技がホラー過ぎて、ヤバイと話題に!!

水野美紀さんの表情、特に目の芝居が狂気がかっています。

視聴者からは『怖い』『ホラー』『嫌いになりそう』など大絶賛の演技の評価を頂いています!

今回はそんな水野美紀さんのホラーな名演技・名言を兼ね揃えた名場面について紹介してきます。

水野美紀の演技上手いを超えたホラー過ぎる名演技

・(水野美紀)『足が疼く~』と信(大谷亮平)への足さすり要求。

・(水野美紀)『この写真のデータ1枚だけ残してたでしょ~、私削除しちゃうかも~!こいつを!』壁に写る大谷亮平と倉科カナの思い出のスライドショーに向かって、手のひらをおもいっきり(バン)。

・帰ってこない信(大谷亮平)。(水野美紀)「今日排卵日なのにっ!!」家の中で一人でキレる。

・(水野美紀)『信は~虫が入ってきたら追い払う派?…私は(バン)潰す派!』

・(水野美紀)『本当に1人だった~?』(大谷亮平)『当たり前だよ!』水野美紀、クローゼットの中に隠れる倉科カナを見つめ、微笑み、帰り際にクローゼットに向かって『じゃあね~』

・大谷亮平、倉科カナがキスしようとした瞬間、(水野美紀)『ここにいるよぉぉぉ~』(バン)クローゼットから出てくる水野美紀。(水野美紀)『あんた(倉科カナ)が信の事騙してるんでしょ~?』(大谷亮平)『違う!』(水野美紀)『ちがわないよぉぉぉぉぉぉ!!!!!』(ドンドンドンドン)

・崖の上にて、(水野美紀)『私から信を奪うなら、、、奪う気なら、あなた(倉科カナ)をここから突き落とす!』

・(水野美紀)『みなさ~ん、この女私から夫を奪おうとしてるんですぅぅ!ここに土下座して、自分で食べなさいよぉ!』とバレンタインに倉科カナへ土下座を強要。

・(水野美紀)『くうううぅぅぅ~、むしってやるうううぅぅぅ~、あんたを全部むしってやるうううぅぅぅ~』

水野美紀さんのホラー演技に対する評価


「水野美紀に釘ヅケやわ」

「こえーよ」

「マジで怖い」

「スチュワーデス物語の片平なぎさっぽい」

「水野美紀しか見どころわからんドラマやな。」

「野美紀さんが怖くていい感じなの」

「水野美紀すごい!ヤバ妻の佳乃バリにすごい!」

「すぎて次回もある意味期待」

出典:twitter

と、怖い一色でした。

まだまだ最終回までありますよ?!

更にヒートアップする事間違いありません!

森山欄を演じる水野美紀さんのプロフィール

本名:水野美紀(みずのみき)

生年月日:1974年6月28日(42歳)

身長:167cm

血液型:B型

夫は俳優兼イラストレーターの唐橋充さん。

仮面ライダー555の主演、見た目に似あさずポップな絵を描く人です。

最終学歴は明治大学文学部英文科中退です。

特技が『アクション』という意外な一面があります。

小学校から中学校にかけて2年間ほど少林寺拳法を習っていた経験があります。

上京後も「倉田アクションクラブ」という、ジャパンアクションクラブ(JAC)と並ぶアクション事務所にて、稽古をしていました。

『千里眼」『恋人はスナイパー』『真・女立喰師列伝』『ハード・リベンジ、ミリー』『斬~KILL~』ほかにも何本もアクション映画に出演していています。

まとめ

森山蘭演じる水野美紀さん、演技が怖いですね。。。

いや、違いますね!

とっても上手いです、名演技です!笑

ドラマ『奪い愛、冬』を一層スリリングかつホラーにさせ、視聴者を恐怖に怯えさせていますね!

しかーし、まだまだドラマは前半戦ですよぉぉぉぉぉ!

これから、どんな水野美紀さんの狂気がかった名演技から名言が出るのか期待が高まります!

皆さん、『奪い愛、冬』を視聴する際は是非水野美紀さんが作りあげる名場面に注目して下さい!

 

Pocket