【奪い愛、冬第1話】視聴率のスタートダッシュ大成功?!

Pocket

ついに話題のドラマ『奪い愛、冬』第1話始まりましたね!

それよりも『奪い愛、冬』第1話の視聴率ですよね!

最高のスタートダッシュを奪えたのかとても気になりますね!

深夜ドラマでは視聴率20%を叩き出したら、神レベルみたいですよ!

もしかしたら、、、『奪い愛、冬』第1話でいきなり高視聴率を叩き出したんじゃないですかね?

果たして『奪い愛、冬』第1話の視聴率はどうなってるのでしょうか?

『奪い愛、冬』にて倉科カナさんが高視聴率女王に輝くのでしょうか?

しかし、怖すぎる水野美紀さんが主役を奪う匂いがしますね。笑

それでは早速紹介していきます!

最後に『奪い愛、冬』第1話のあらすじを紹介しています!

【大速報】『奪い愛、冬』平均視聴率の推移を大公開!!


初めに説明させて頂きますが、『奪い愛、冬』は深夜ドラマです。

ゴールデンとは違う数字です。

ゴールデンタイムは20%いったら今では大ヒットですが、、、

深夜ドラマはかつての岡田君の『SP』の

平均15.4%が史上最高
(最高は最終回18.9%)

これは異例の数字です。

これを踏まえた上で、見てみましょう。

・『奪い愛、冬』第1話
~結婚に暗雲が立ち込める~

『奪い愛、冬』第1話 平均視聴率は6.6%

深夜枠にしてはまずまずでしょうか。

過去の深夜ドラマとの比較


比較ドラマのうち2つは『奪い愛、冬』と同じ系統の不倫を題材としたドラマです。

『毒島ゆり子のせきらら日記』

『不機嫌な果実』

視聴率は大きく違いますが(曜日の関係もあるでしょうけど。。。)こういうドロドロ泥沼系ドラマは熱烈なファンが付きやすく絶賛する人も多いです。

特に女優力が試されるものであり、これによってヒロインの評価が大きく変わることがあります。

前田敦子さんは元々この前に賞をとったりして徐々に実力を見せつつあったのですが、わたしの中ではこのドラマをきっかけにすっかり「脱AKB」したという感覚があります。

比較ドラマを簡単に紹介していきますね。

家政婦のミタゾノ

平均視聴率は7.66%でした。

最初この宣伝を見た時は

「なんてふざけてるんだ」「ヒットしないだろうな」

と思ってしまったのですが、これが意外と調子よくて高視聴率を維持しました。

家事えもんが担当もしたこともあり、家事に関するマメ知識も好評で、ミキサーで作るカレーとかわたしも作ってみちゃいました。

実は女装をした家政婦のミタゾノは、凄腕の家事なんですがそれだけではなく家庭の裏に蔓延る「根深い汚れ」を暴いていくドラマとなっています。

不機嫌な果実

平均視聴率は7.7%でした。

これは同名の林真理子の小説を知っている人も多いでしょう。

もちろんそれが原作です。

1997年の現代版であり結婚して6年目の主人公が不倫に走り、とにかくドロドロ過ぎるドラマです。

毒島ゆり子のせきらら日記

平均視聴率は2.57%でした。

大物政治家の番記者の主人公が奔放な二股が当たり前の恋愛生活を続けていた時に、1人の男に本気で惚れてしまい壮絶?な最後を迎えるまでを描いた名作です。

特命係長 只野仁

平均視聴率は14.3%でした。

只野がターゲットを一目ぼれさせホテルへ行き、抜群のベッドテクニックを駆使することで情報を聞き出すのが「お約束シーン」お色気たっぷりのため視聴率も良かったのでしょう。

いい意味で荒唐無稽でアホらしいストーリーが人気でした。

これらのドラマの視聴率と比較しても、『奪い愛、冬』の視聴率の推移は深夜ドラマ枠としてはまずまずの推移ではないでしょうか!

『奪い愛、冬』第1話のあらすじ~結婚に暗雲が立ち込める~

1.『池内光ついに結婚?!』


海辺に佇む池内光(倉科カナ)奥川康太(三浦翔平)

『光、結婚してください!!』

康太にプロポーズされました。

光は笑顔で

『はい!』

と答える。

光にはかつて心の底から愛した男性がいました。

突然、好きな人がいると言い残し去っていた森山信(大谷亮平)です。

光の顔から消えた笑顔を取り戻してくれたのが、その後出会った康太でした。

デザイン会社・アッパーワークス。

デザイナーの光とアシスタントの康太は共に働いていました。

同い歳の2人でしたが、中途入社の康太より、キャリア的には光の方が先輩でした。

光の自宅を訪れた康太。

仕事が忙しく散らかった部屋も康太にとっては好きな光の自分にしか見せない点として美点になっていました。

『好きすぎて、今日激しくなっちゃうかも』

『仕事にもその男らしさを出せばいいのに』

翌朝、光が目覚めるとそこには康太が用意した朝食が・・・

さらに光が仕事に集中できるよう、部屋の片付けも請け負うという康太でした。

『私は幸せ者だ・・・』

光は康太に思わず抱きつきました。

『光さんと結婚させてください!』

康太は光の母親・池内麻紀(キムラ緑子)に結婚の許可をもらいました。

光の父は早くに亡くなり、光は母子家庭で育ちました。

父親が借金を残していたため、光は母のことを考え毎月仕送りをしていました。

『お母さん、嬉しい!あのとき、信さんがいなくなって以来、、、
もう笑えないんじゃないかと思っていたから』

麻紀は父親の仏壇に光の結婚を報告しました。

直後、康太の実家を訪れた2人。

康太の母親は料理研究家の奥川美佐(榊原郁恵)

『変な女に引っかからないか心配してた。あ、光さんが変な女ってわけじゃないのよ?』

息子のことを溺愛している美佐は結婚を許可するかどうかはうやむやにしました。。。

光に康太の似顔絵を描いて欲しいと依頼してきました。

ある会社のロゴ制作の仕事が光に舞い込んだ。

絶対にこの仕事をとってやると

ウルトラデザインとのプレゼンに意気込む光。

武田は光のことを、秀子は康太のことを狙っていました。

『俺は光に困って欲しいんだよ』

『私はいつか奪いますけど。そのためには部長の協力が必要なんです』

なにやら怪しげに会話する光の後輩・豊野秀子(秋元才加)と上司の武田玄(三宅弘城)

先方の会社を訪れた光と康太。

エレベーターに乗り込んだ康太が光にキスすると、突然ドアが開き、信が乗り込んできました。

信は光の競合相手だったのです。

光にとって、信は初めての男性であり、デザインのいろはを教えてもらった男性。

しかし、信は突然光に別れを告げ、去っていきました。

『ずっと好きだった人がいるんだ。その人と結婚する』

『抱きしめたくなっちゃった』

会社を出た先で康太は突然光のことを抱きしめました。

2人を信とその部下・加藤清(西銘駿)が見ていました。

『あの2人付き合ってるんですね?』

『興味ないよ』

康太は光をとあるマンションの一部屋に連れていきました。

『買っちゃった!気に入らない?』

そこにはひとり親の光を気遣い、光の母親の部屋まで用意されていました。

『ありがとう〜〜〜〜』

康太に抱きつく光。

信は自宅で妻・森山蘭(水野真紀)と夕食をとっていました。

もともと福岡に住んでいた2人。

信の仕事の都合で3ヶ月間東京勤務することになり、蘭もついてきたのです。

蘭は過去ある事故にあったことから足が不自由な状態です。

光はクライアントのもとを訪れました。

その時、信が

『アッパーワークの池内光、彼女が1番のライバルになると思います』

と語っていたことを知ります。

秀子が康太に近づく。

『競合相手のデザイナー会ったよね?結婚して名前が変わったんだよね〜。
そう、尾田信!光さんの元彼なんだよね。元彼が競合相手になって本気出せるかな?』

康太の表情を伺う秀子。

『出せるよ!光はそんなことで手抜いたりしないよ!』

康太は明らかに動揺し、声を荒げました。

信のもとを光が訪れました。

『私の期待値上げていただいてありがとうございました!でも、これからはそんな情、一切いりませんから!それからもうひとつお礼が。私、結婚します!この間いた人と』

信が去ってくれたおかげで康太との出会いがあったことにお礼を述べる光でした。

信への思いを振り切るつもりで会いに行った光でした。

しかし、信が去った後の光の目には涙が溢れていました。

斎藤部長(ミスターちん)が加藤に信の妻がかなり激しい性格で、

福岡のオフィスで信にちょっかいを出した女子社員が大変なことになったと告げます。

帰宅した信に今日ネットで面白い話を見たという蘭。

『ある国でね不倫した人の下半身を土に埋めるんだって?それでみんなで石投げるの。
周りには出店も出て、石投げをみんなで楽しむのだ』

と楽しそうに語る蘭。

『・・・どうしたの?』

『・・・不安なんだよ。東京出てきて信に悪い虫がつかないか』

『大丈夫だよ。ずっと蘭さんと一緒だよ』

蘭が足がうずくと苦しみ出し、信は必死に蘭の足をさすっていました。

2.『3年前の気持ちに舞い戻る』


頼まれていた康太の似顔絵を持って、康太の実家を訪れた光と康太。

美佐は光の身辺調査を行っており、光が母子家庭であること、光の母が営む定食屋の経営が苦しいことなどを知っていました。

『前はこんな子じゃなかったのに。なんか取り憑いてるんじゃないの?』

光のことを遠回しに否定する美佐にブチ切れる康太。

康太のあまりの激怒ぶりに驚いた美佐は光の身辺調査の結果をシュレッダーにかけるが、故意に光の書いてきた康太の似顔絵も一緒に破棄しました。

『何してんだよ!?せっかく描いてくれたのに』

『いいの、また描けばいいから・・・』

光が康太をなだめました。

そこに、突然美佐が呼んだ康太の幼なじみ・尾上礼香(ダレガノ明美)がやってきました。

『お母さんは礼香ちゃんと結婚して欲しかったのよ。あ、こんなこと光さんの前で言うことじゃないわね、ごめんなさい』

康太は光を連れ、実家を出ました。

康太は光を海に連れて行きました。

『俺は光が好きだ〜〜〜〜〜!』

海に飛び込む康太でした。

康太は今自分たちの前に光の元彼が現れたのは自分の光への愛を試すためだと笑い、光は康太を大好きだと抱きしめました。

残業する康太に秀子が話しかける。

『光さん、デスクの1番上の引き出しに鍵かけてるでしょ?昔、あの引き出しに好きな人の写真入れてたって!』

秀子は光のデスクの鍵を落ちていたと差し出しました。

『光さんより私の方がキス上手いでしょ?』

秀子は康太にキスをしました。

蘭が1枚だけ残っていた信と光の2ショット写真を見ていました。

『こいつが近づいてきたら、私こいつを削除しちゃうかも・・・』

『私、結婚する〜〜〜!さよなら〜〜今までの私!』

光が橋の上で叫んでいると、信が現れました。

光が思わず後ずさり、立てかけてあった工事現場の建材が倒れてきました。

かばうように信が光に覆いかぶさり、信が光に顔を近づけました。

光は信を突き飛ばしました。

『教えてよ!3年前になぜ消えたの?!・・・私を壊さないで』

その頃。

会社で残業を続ける康太は秀子の話を聞いたせいで

光の引き出しの中身が気になって仕方がなかったのです。

ついに鍵を使い、光の引き出しを開けてしまいました。

そこにあったのは光の手帳でした。

手帳には康太と光の2ショット写真が挟まれていました。

『ごめん光!マジ何やってんだよ!』

自己嫌悪に陥る康太をスマホで秀子が盗撮していました。

信が帰宅すると蘭はドライフラワーを作っていました。

『綺麗な花をこうやって逆さに吊るすでしょ?そうやって花の命を絶って、その先に美しさがある・・・って好きだな』

シャワーを浴びる信が考えていたのは光の事でした。

信は浴室の壁を叩きました。

信がシャワーに入っている間に、

蘭は信の服をコロコロし、光の髪の毛を発見しました。

『見いつけた!』

(私は泣いていた。あの瞬間、信さんに唇を重ねたかったから・・・だから、私は自分が嫌いだ)

光は泣きながら、街をさまよっていました。

『奪い愛、冬』のキャスト


池内光
倉科カナ

池内麻紀
キムラ緑子、光の母

奥川康太
三浦翔平、光の婚約者、同僚

奥川美佐
榊原郁恵、康太の母

豊野秀子
秋元才加、光の同僚、康太を好き

武田玄
三宅弘城、光の会社の部長、光に一度告白

尾上礼香
ダレノガレ明美、大学時代の康太のカノジョ

森山信
大谷亮平、光の元恋人

森山蘭
水野美紀、森山信の妻

加藤清
西銘駿、森山信の後輩

斎藤部長
ミスターちん、森山信の上司

まとめ


『奪い愛、冬』1話の最後でようやくドロドロ泥沼ドラマになるスタートを切りましたね!

・昼ドラに負けないドロドロ

・水野美紀さんが漂わせるホラーかつスリリング展開

が非常に期待されています!

おそらくこのドラマには根強いファンがつきそうですね!笑

視聴率の推移はドラマが進むにつれて高くなる事が予想されますね!

倉科カナさん、水野美紀さんの対決の行方はどうなるのかも見所の1つになりそうですね!

まだまだ『奪い愛、冬』は始まったばかりですよぉぉぉ!

それでは、皆さん見逃さないように金曜日は予定を入れてはいけませんよー!

Pocket