【奪い愛、冬3話】視聴率速報第3話!水野美紀の怖さ=視聴率が比例の関係性が発覚?w

Pocket

水野美紀さんの演技が上手過ぎて、びびりますね!笑

演技が本当に上手い方だと改めて感心させられる作品です!

それよりも『奪い愛、冬』第3話の視聴率が気になりませんか?!

今回はどこよりも早くタイムリーに視聴率速報をお届けします!

深夜ドラマでは視聴率20%を叩き出したら、神レベルみたいですよ!

もしかしたら、、、『奪い愛、冬』第3話で高視聴率を叩き出した可能性ありそうな気がします!

果たして『奪い愛、冬』第3話の視聴率はどうなってるのでしょうか?

『奪い愛、冬』にて倉科カナさんが高視聴率女王になるのでしょうか!

それとも、怖すぎる水野美紀さんが主役を奪う説もありますね!笑

それでは早速、視聴率速報を紹介します!

最後に『奪い愛、冬』第3話のあらすじを紹介しています!

【速報】『奪い愛、冬』平均視聴率の推移を大公開!!


初めに説明させて頂きますが、『奪い愛、冬』は深夜ドラマです。

ゴールデンとは違う数字です。

ゴールデンタイムは20%いったら今では大ヒットですが、、、

深夜ドラマはかつての岡田君の『SP』の

平均15.4%が史上最高
(最高は最終回18.9%)

これは異例の数字です。

これを踏まえた上で、見てみましょう。

『奪い愛、冬』第1話
~結婚に暗雲が立ち込める~

『奪い愛、冬』第1話 平均視聴率は6.6%

深夜枠にしてはまずまずでしょうか。

『奪い愛、冬』第2話
~2人が別れた理由とは~

『奪い愛、冬』第2話 平均視聴率は5.1%

↓【DOWN】若干落ちましたが、下がってるとは言い難い数字ですね。

『奪い愛、冬』第3話
~森山蘭の反撃始まる~

『奪い愛、冬』第3話 平均視聴率は5.8%

↑【UP】根強い視聴者はついていますが、新たな視聴者を確保できるのでしょうか?

過去の深夜ドラマとの比較


比較ドラマのうち2つは『奪い愛、冬』と同じ系統の不倫を題材としたドラマです。

『毒島ゆり子のせきらら日記』

『不機嫌な果実』

視聴率は大きく違いますが(曜日の関係もあるでしょうけど。。。)こういうドロドロ泥沼系ドラマは熱烈なファンが付きやすく絶賛する人も多いです。

特に女優力が試されるものであり、これによってヒロインの評価が大きく変わることがあります。

前田敦子さんは元々この前に賞をとったりして徐々に実力を見せつつあったのですが、わたしの中ではこのドラマをきっかけにすっかり「脱AKB」したという感覚があります。

比較ドラマを簡単に紹介していきますね。

家政婦のミタゾノ

平均視聴率は7.66%でした。

最初この宣伝を見た時は

「なんてふざけてるんだ」「ヒットしないだろうな」

と思ってしまったのですが、これが意外と調子よくて高視聴率を維持しました。

家事えもんが担当もしたこともあり、家事に関するマメ知識も好評で、ミキサーで作るカレーとかわたしも作ってみちゃいました。

実は女装をした家政婦のミタゾノは、凄腕の家事なんですがそれだけではなく家庭の裏に蔓延る「根深い汚れ」を暴いていくドラマとなっています。

不機嫌な果実

平均視聴率は7.7%でした。

これは同名の林真理子の小説を知っている人も多いでしょう。

もちろんそれが原作です。

1997年の現代版であり結婚して6年目の主人公が不倫に走り、とにかくドロドロ過ぎるドラマです。

毒島ゆり子のせきらら日記

平均視聴率は2.57%でした。

大物政治家の番記者の主人公が奔放な二股が当たり前の恋愛生活を続けていた時に、1人の男に本気で惚れてしまい壮絶?な最後を迎えるまでを描いた名作です。

特命係長 只野仁

平均視聴率は14.3%でした。

只野がターゲットを一目ぼれさせホテルへ行き、抜群のベッドテクニックを駆使することで情報を聞き出すのが「お約束シーン」お色気たっぷりのため視聴率も良かったのでしょう。

いい意味で荒唐無稽でアホらしいストーリーが人気でした。

これらのドラマの視聴率と比較しても、『奪い愛、冬』の視聴率の推移は深夜ドラマ枠としては、まずまずの推移ではないでしょうか!

『奪い愛、冬』第3話のあらすじ~森山蘭の反撃始まる~

1.『熱海旅行への誘い』


蘭はクローゼットを開けずに出ていこうとしましたが、部屋を出ていくときにクローゼットに向かって「じゃあね~」と言って出ていきました。

まるでそこに光がいることを知っているかのようでした。

家に帰ってからも、ねちねちと信にからみました。

豊野秀子は康太に、「光さん、いまだに何かの暗証番号に使ってたりして」と言いながら、信の誕生日が2/29だと教えました。

その夜、残業している光に、週末に温泉旅行に誘う康太でした。

それを秀子が陰から聞いていました。

秀子は、康太の母親の美佐の料理教室に入りました。

スクールが終わった後、秀子は美佐に近づいて温泉旅行のことを告げました。

温泉旅行の日、温泉街を二人仲良く歩いていておみくじを引きました。

光は凶を引きましたが、「康太と一緒の吉だよ」と嘘をついておみくじを結びつけました。

観光をした後、旅館「新かどや」に行きました。

貸切の露天風呂があるお風呂に二人で入った後、部屋に戻ろうとすると、そこに美佐が立っていました。

「料理教室のひとと偶然来ていて」と言いました。

しかも、光が引いたおみくじの凶をわざわざ持って目の前に突き付けました。

部屋に入った後、康太は「たのむから、もう嘘はつかないで」と光に深刻な顔をして、抱き締めました。

康太がキスをしようとすると、美佐がおにぎりを持っていきなり入ってきました。

2.『森山蘭が光の会社についに登場!』


信と蘭はデートをしていました。

蘭は、通り魔に襲われた場所に連れて行きます。

襲われた状況を再現して、信を助けたのは蘭だと言うことを思い起こさせました。

その後に、蘭が信を連れて行ったのは、信がかつて働いていた会社、つまり光が働いてる会社でした。

蘭は、大声で「私のせいで辞めてしまって申し訳ありませんでした。あら、この間はどうも」と光に言って社長室に行きました。

帰ろうとした時に、武田玄に信だけを飲み会に誘われました。

秀子が武田に「どうして?」とささやくと「俺を振った女の困ったかおをみたいんだ」とニヤッとわらいました。

飲み会では、武田は大きな声で「元カレだったか」と叫びました。

さらに、酔いつぶれた武田は「お前がいなくなってたいへんだったんだ。光は仕事できないし、チョット綺麗だからって体で仕事とってたりして」と、光をなじり始めます。

耐え切れなくなった康太が文句を言おうとすると、その一瞬前に、信が武田に掴み掛ります。

「いい加減にしてくださいよ。この会社の仲間でしょ」

しかし、武田は「お前がそんなこと言えるのか」と言って、信を土下座をして謝らさせました。

光は、信が残していったハンカチをバックの中に入れました。

それを康太は見ていました。

3.『森山蘭がクローゼットから現る』


翌日、光は信の忘れていったハンカチを返しに行くと康太に話しました。

会社が終わって届けに行くと、ちょうど信が出てきました。

風邪っぽい信が咳き込むと、光はおでこに手を当てて病院に連れて行きました。

それを遠くから見ている康太がいました。

病院で点滴を受けた後、家まで光はタクシーで送っていきました。

康太はその後をずっと追いかけました。

部屋に入った光は、「再び会ったのは、お互いに、幸せに近づくために整理するためだと思う」と言いますが、見つめ合ってキスをしました。

すると、「ここにいるよぉぉぉぉ」と言って、蘭がクローゼットから出てきました。

そして、「この間と逆だね」と言って笑いました。

そして、キスしている動画を撮っていることを見せて、信を光責めはじめました。

ぬいぐるみの中にカメラがあったんです。

後をつけていた康太が部屋に乗り込もうとしましたが、そのまま帰ってきました。

「騙されてかわいそうな信。」と言いながら、あばれまわって「ねえさすってよ。ここでキスしてよ」と信に強引にキスしました。

光は、いられなくなって謝って出ていきました。

『奪い愛、冬』のキャスト


池内光
倉科カナ

池内麻紀
キムラ緑子、光の母

奥川康太
三浦翔平、光の婚約者、同僚

奥川美佐
榊原郁恵、康太の母

豊野秀子
秋元才加、光の同僚、康太を好き

武田玄
三宅弘城、光の会社の部長、光に一度告白

尾上礼香
ダレノガレ明美、大学時代の康太のカノジョ

森山信
大谷亮平、光の元恋人

森山蘭
水野美紀、森山信の妻

加藤清
西銘駿、森山信の後輩

斎藤部長
ミスターちん、森山信の上司

まとめ


『奪い愛、冬』3話ドロドロ泥沼ドラマ、まずまずの視聴率ですね!

・昼ドラに負けないドロドロ

・水野美紀さんが漂わせるホラーかつスリリング展開

により視聴率の推移はドラマが進むにつれて急上昇する事が予想されます!

最終回で、V6岡田くんの『SP』と張合うのではとの声もありますね!

また、倉科カナさん、水野美紀さんの対決の行方はどうなるのかも見所の1つですね!

まだまだ『奪い愛、冬』はこれからですよぉぉぉぉ!

それでは、皆さん見逃さないように頑張ってお起きましょうね!

Pocket