浅田真央が引退発表2017年4月10日!海外反応・キムヨナ反応はいかに?!

浅田真央 引退発表 2017年 海外反応
Pocket

日本の女子フィギアスケート界を牽引し続けてきた浅田真央さんがついに2017年4月10日に『引退発表』を行ないました!

海外反応からネット反応、日本フィギアスケート界反応からフィギアスケート界での今までの功績に賛辞の声が次々と挙がりました!

今回は、そんな浅田真央さんがついに2017年4月10日に『引退発表』を行なった際の海外反応からネット反応、日本フィギアスケート界反応を全部まとめて紹介していきたいと思います!

また、浅田真央さんが『引退』に至るまでの苦渋の日々についても紹介していきたいと思います!

それでは早速紹介していきます!

浅田真央ちゃん引退発表のコメント

浅田真央

突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。

今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。

皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。

浅田真央

 

『引退』に至るまでの苦渋の日々を辿る!

【2014年】浅田真央さんは3年前から引退が頭をよぎっていた!

引退を発表した浅田真央さんですが、今から2年以上前、その頃からすでに引退の可能性が取り沙汰されていました。

世界選手権後も、引退か現役続行かを明言していなかった浅田真央(23)が、5月中にも去就の結論を出すと報じられた。

浅田は当初、7月末のアイスショーが終わるころに、今後の進退について表明するつもりでいたという。

「引退を考えていた浅田選手は、最低でも1年間の休養生活に入ろうとしていました。しかし、今の気持ちは『ハーフハーフ』と言うように、本人の気持ちは揺れ続けているようで、競技を続けるということも考え始めています」(スケート関係者)

出典:浅田真央 現役続行願うスケート連盟が示した“特待オファー” – 女性自身[光文社女性週刊誌]

スポンサーリンク

【2014年】浅田真央さんが引退できなかった理由とは?

浅田真央さんが引退するかしないかで揺れていた背景には、日本スケート連盟の思惑が関係していると女性自身が報じています。

ここまでの秘密工作をしてまで、連盟が浅田を「引退させない」のは、彼女に今、現役選手をやめられると連盟の収入が激減するからだ。

「全日本選手権と世界選手権を独占放送するフジテレビは、この10年で100億円を超える放映権料を連盟に支払っています。グランプリシリーズを含めて、テレビの放映権料は連盟に莫大なお金をもたらすのです。浅田選手が引退し、出場しなくなると、テレビ局は放送から撤退することも考えられます。連盟にとって“ドル箱”である浅田選手の現役はなんとしても死守したいのです」(フィギュア関係者)

出典:浅田真央 現役続行願うスケート連盟が示した“特待オファー” – 女性自身[光文社女性週刊誌]

浅田真央さんご本人の意向よりも、金儲けしか考えていない大人たちの思惑が優先されている現実に悲しくなります。

しかし、浅田真央さんと荒川静香さんのお陰で人気が爆発し、突然お金が入ってくるようになった連盟が金に目をくらませてしまったとしても無理はないのかもしれません。

しかも、悩ましいことに放映権料の問題は日本スケート連盟だけでなく、国際スケート連盟にまで関わるほどの大きな問題(ドル箱)とも言われています。

スポーツ紙デスクは、まず今回の大会の放映権料がまるまる懐に入る国際スケート連盟(ISU)が、引退を許さないだろうと予想する。

「放映権料は、今大会では1日5000万円にまで値上がりしました。これだけの大金が払われるのも浅田で客が呼べるからです。村上佳菜子あたりではまだまだ無理。ISUのチンクアンタ会長も、日本スケート連盟の橋本聖子会長に浅田に現役を続けるよう口説いてほしいと要請しているといいます。その日本スケート連盟も、高額なフィギュアのチケット収入で潤っていた財政が、浅田の引退で激減しては困る。連盟の幹部は陰に陽に圧力をかけて引退させないようにしています」

出典:浅田真央 「世界選手権で引退」を許さないスケート界の裏事情 | アサ芸プラス

 

【2014年~】浅田真央さんが1年間の競技活動休止から復帰を決意!

ソチオリンピックで6位入賞という不本意な結果に終わった浅田真央さん。

金メダルも期待されただけに、「引退」の二文字まで囁かれる事態となりました。

ソチオリンピックから3ヶ月後の2014年5月19日。

その後1年間の全試合出場を見送り、1年間の競技活動休養を発表したことも、引退の可能性により信憑性を持たせる結果となりました。

553日ぶりとなる復帰を決意!

「真央ちゃん、おかえりー」

四方から声援が飛ぶ。観客は応援タオルを掲げて彼女の復帰を温かく迎えた。

久々のリンクの感触を確かめるかのように、『蝶々夫人』の曲に合わせて、彼女はふわりと舞い上がった。

右へ左へ軽快にステップを踏む。演技後、観客の声援に応えるその表情には幸福感が満ち溢れていた。

出典:浅田真央が帰ってきた!父の逮捕も乗り越えて、トリプルアクセル跳んだ(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

2015年10月3日。

実に553日ぶりとなる競技の場に復帰を果たした浅田真央さん。

復帰戦となったジャパンオープンでは見事1位を獲得されました。

 

『かつての圧倒的な強さはない』はもうなかった!

復帰戦の2015ジャパンオープンを見事1位という結果で飾った浅田真央さんですが、その後の大会での結果は、かつての圧倒的な強さからすると今ひとつ物足りない内容となってしまっています。

ISUグランプリシリーズ復帰戦となる中国杯を優勝で飾り、NHK杯では3位となりグランプリファイナルに進出するもグランプリファイナルでの出来はSPで3位、FSで6位と芳しくなく総合では最下位の6位に留まった。

フリー当日は体調を崩しており、フリー演技後に医師の診察を受けた結果「胃腸炎」と診断され、出場が予定されていたエキシビジョンをキャンセルし緊急帰国した。

全日本選手権では3位となり伊藤みどりに並ぶ、11個目のメダルを獲得した。

四大陸選手権と世界選手権の代表に選出されたが、世界選手権に集中するために、四大陸選手権は辞退した。2季ぶりの出場となった世界選手権では、シーズンベストを記録し、7位に入った。

出典:浅田真央 – Wikipedia

復帰の翌年以降も復調せず、現在まで厳しい結果が続いています。

2016-2017シーズン、グランプリシリーズのスケートアメリカで6位、フランス杯では9位と不振続きで、トリプルアクセルの解禁も全日本選手権まで遅れた。全日本選手権も12位となり世界選手権代表を逃した。

出典:浅田真央 – Wikipedia

 GP初戦のスケートアメリカは6位。

そして2戦目となったフランス杯では、演技内容的にも悪い結果となり、さらに順位を下げて9位に終わった。

GP出場22大会目にして、10年NHK杯の8位を下回る自己ワーストの成績を残すとともに、8度目となるはずだったGPファイナル進出を逃した。

引用:満身創痍の浅田真央。GPファイナルは逃しても「復活」の道は見える|フィギュア |集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

スポンサーリンク

【2016年】浅田真央さん年内にも引退と噂が広がる!

昨シーズンの成績も思わしくなかったことから「満身創痍」とまで言われるようになった浅田真央さん。26歳を迎えた彼女の身体はもはや限界との声もありました。

練習に取り組んできたオフの期間から、左ひざをはじめ、痛みが伴う故障が体のあちこちに出てきており、浅田にとって満足のいく練習を積むことができていないという。

とことんまで練習で突き詰めるタイプの選手だけに、その練習で調子を上げることができない状況に陥っていることの影響が大きいことは否めない。

その証拠に、最も得意なジャンプである3回転フリップをしっかりと跳ぶことができていない。

回転不足になったり、2回転になったりと、左ひざでタメを作って跳ぶフリップの3回転ジャンプがまともに入らないのだ。

プログラム全体を通しても、しっかりと氷を蹴ることができていないのか、本来のスピードが見られない。そのために助走スピードが不足し、ジャンプの力強さが失われているようだ。

出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2016/11/18/gp/index_2.php

しかし、現在の膝の状態では、トリプルアクセルを跳びきるのも困難なのだ。

「なんとも言えませんが、今季で“引退”という決断を下してもおかしくはない。それだけ、次の試合に賭けていたんですよ」(前同)

そんな中、結局、GP第4戦でもトリプルアクセルを回避。9位という成績に終わった。

出典:浅田真央、心に秘める引退と後継者たちの台頭 – エキサイトニュース(2/2)

現在、浅田真央さんが師事している佐藤信夫コーチは「あえて休養しないことで、そのまま気持ちが途切れて引退となってしまわないよう」にキャリアを考えているそうです。

「本当のことを言えば、完全に休むのが一番いい。でも、そういうことができる年齢(26歳)でもないだろうし。休んだら、ほぼ終わりになっちゃうんじゃないかな、とも思う。そうなってくると『だましだましで』ということ。

現状はそういう状態。本人も出たいという気持ちが強い。本人が納得できるように、本人の意志を大切にしている」

出典:アクセルはどうなる…コーチが語る浅田真央のいま : トピックス : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

ネットの反応は?

2015年5月に現役続行の意思を明らかにした際の海外の反応は、

  • あの素晴らしい演技をもう一度見たい。
  • 最後まで挑戦して努力する姿がいい
  • 引退の時期を逃したのでは?
  • 情熱ではなく執着
  • 本人は引退したくてもスポンサーが許さなかった?
  • 言葉が見つからない…。
  • 浅田真央は女子選手の中では最も華麗なステップシークエンスをする人だった。
  • あなたの偉大な演技の全てにありがとう、氷上のプリンセス。
  • 彼女は真の伝説。感謝してもしきれない。
  • 一度も生で見られなかったことが本当に残念。
  • 唯一無二の美しさと力強さを持った素晴らしいパフォーマンスをありがとう。
  • 苦しい決断だっただろうな。あなたの輝かしい未来を祈ってる。
  • 涙が止まらない…こんなに大きなインパクトを与えたスポーツ選手は他にいない。
  • 彼女の華麗なる演技と愛らしいキャラクターは多くの人を魅了した。引退はすごく悲しい。
  • ラフマニノフの「鐘」は本当にお気に入り。
  • なんという輝かしい業績だろう。浅田真央はいつでも、そしてこれからも大好きなスケーターの1人だ。
  • 本当に浅田真央は、スケートファンへの神様からの贈り物だよ。
  • 浅田真央と同じ時代に生まれて良かった。演技を観られて良かった。
  • 忘れられない10年間をありがとう。氷上のあなたを誰もが恋しいと思うだろう。
  • 浅田真央は真の天才として、永遠に称えられ記憶されるに違いない。
  • これからもずっと大好きだよ。たくさんの思い出をありがとう。
  • トリプルアクセルの女王、あなたを忘れない。
  • 次の目標に向かって頑張ってね!
  • いつでも彼女の演技が私に幸せをくれた。ありがとう。
  • まだ信じられない。嘘だと言ってほしい。

など様々です。

中でも、「まだやるの?」というニュアンスの意見が多いのは韓国。

ライバル、キム・ヨナ選手の存在が大きいのかもしれません。

 

海外からの反応は?

まずは引退理由ですが、ブログは長文でして、ポイントを箇条書きにすると以下のようになります。

韓国

韓国には浅田真央最大のライバルキムヨナがいたこともあり、

浅田真央の引退は韓国でも注目されています。

メディアは「”不運のアイコン”浅田真央の悲しい別れ」「”電撃引退”の浅田、結局かなえられなかった”五輪の金”」
などのタイトルで、浅田真央の記事を掲載している。

ロシア

ロシアには浅田真央のコーチを務めたタチアナ・タラソワがいる。

彼はロシアメディアの電話取材に応じ、「マオは正しい選択をした。彼女はショートとフリーの両方でトリプルアクセルを跳んだ選手で、偉大なアスリート。今後の幸運を祈ってる。人生は始まったばかり」と語った。

アメリカ

アメリカ出身のフィギアスケート選手アシュリーワグナーは

「素晴らしく、輝かしいキャリアに祝意を表す。その才能で銀盤を照らし、スケートが進む道を変えた」と賞賛した。

2013年に引退したジョニー・ウィアは「華麗さ、強さ、威厳」をたたえ「競技生活を通して多くの感動を与えてくれた」とつづった

やはり去年の全日本選手権12位という結果が決め手だったようです。

また、国民から愛された選手だっただけに、皆の期待に対してどうすればいいかというのも相当悩んだのではないかと思います。

 

女王キムヨナの反応は?

朝鮮日報は「アデュー(さようなら)、浅田」の見出しの記事で過去の成績などを詳しく伝え、浅田が笑顔で大きく両手を広げた写真を掲載。

五輪では金妍児に敗れたものの、「浅田は世界フィギュアの中心をアジアへと移した優れた選手だった」と称賛した。

聯合ニュースは12日、「日本フィギュアの看板スター」と形容し、引退会見の様子を報道。

金妍児に関する質問で「お互いに良い刺激を与えた」と答えた浅田の言葉を紹介した。金妍児の所属事務所が浅田の引退について「コメントしない」と回答したことも伝えた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000087-jij-spo

スポンサーリンク

日本人フィギアスケート界の反応は?

荒川静香
「彼女の姿を見て競技を始めたスケーターも多いし、日常でも頑張ろうと力を与えてくれる。日本にフィギアファンを増やした一番の功労者」

織田信成
「真央ちゃんがどんな決断をしても、応援していこうと思っていたんですけど、やっぱり引退と聞いて、すごく寂しいなっていう気持ちがあります。」

高橋大輔
「長い間、現役生活、本当にお疲れさまでした。そして、沢山の感動をありがとう(一部抜粋)」

と多くの有名人が浅田真央のこれまで残してきた功績に賞賛を送った。

 

浅田真央のプロフィール

名前:浅田真央

生年月日:1990年9月25日

年齢:26歳

出身地:愛知県

身長:163cm

体重:47kg

職業:フィギアスケート選手

 

 【動画】浅田真央のソチオリンピックにて伝説のフリー演技!

 

まとめ

浅田真央さんが2017年4月10日に『引退発表』を行なった際の海外反応からネット反応、日本フィギアスケート界反応、そして、浅田真央さんが『引退』に至るまでの苦渋の日々についていかがでしたか?

とても苦しかった浅田真央さん!

しかし、私達にはいつも笑顔を見せ、苦労の1つも感じさせなかったですね!

『お疲れ様、そして、ありがとう』という言葉を伝えたいですね!

浅田真央さんは引退後、どのような形で私達の前に再び笑顔で現れるのか非常に楽しみですね!

2017年今後の浅田真央からも目が離せませんね!

Pocket