『CRISIS(クライシス)』ドラマ動画フル第4話!無料でユーチューブより素早く視聴する方法!

クライシス 動画 4話 無料ユーチューブ
Pocket

『CRISIS(クライシス)』のドラマ見逃し第4話の無料動画フルはユーチューブでは探し出せませんね。

しかし、私の見つけた方法はユーチューブで無料動画探しする苦労はもういらなくなります!

ある方から情報発信され、流行っている方法で、簡単に確実にドラマ『CRISIS(クライシス)』の見逃し第4話の無料動画フルを視聴できる方法となります!

私も現在この方法で、最新ドラマから昔のドラマまで絶賛3ヶ月目の無料視聴を行なっていて、1円も払ってないので、100%実証済です!

知っている方は知っているかもしれませんが、知らないという方には絶対におススメします!

ドラマ『CRISIS(クライシス)』第4話の動画フルの無料視聴する方法を早く知りたい方は、

“『CRISIS(クライシス)』第4話のドラマ動画フルを無料視聴する裏技を大公開!”

を掲載していますので、目次をタッチしてジャンプする事をおススメします!

今回はドラマ『CRISIS(クライシス)』を視聴した事がない方のために第1話、第2話、第3話の簡単なあらすじなども紹介していきたいと思います!

それでは早速紹介していきます!

火9ドラマ『CRISIS(クライシス)』の基本情報

ドラマタイトル:CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班

放送日:2017年4月11日(火曜日)21時00分スタート

原作:なし

原案・脚本:金城一紀

音楽:澤野弘之

演出:鈴木浩介、白木啓一郎(カンテレ)

チーフプロデューサー:笠置高弘(カンテレ)

プロデューサー:萩原崇(カンテレ)

アソシエイトプロデューサー:坂田佳弘(カンテレ)

制作著作:カンテレ(関西テレビ)

>>『CRISIS』 ドラマがモズっぽいという話題の『MOZU』の無料視聴する方法を絶賛公開中!

 

ドラマに込められた『CRISIS(クライシス)』の意味が明らかに!

では、小栗旬さんや西島秀俊さんが出演しているドラマの『CRISIS(クライシス)』には、どのような意味が込められているのでしょう?

このドラマのあらすじは、公安機動捜査隊特捜班という特殊な組織が、国家を揺るがすような敵と戦っていくというもの。

敵というのは、テロリストから新興宗教まで、さまざまなジャンルからやって来ます。

つまり、このドラマでのCRISIS(クライシス)は国家的な危機に男たちが対処していくといった意味で使われているのではないかと思われます。

ドラマCRISIS(クライシス)での危機とは、テロリストたちが国家を転覆させようと事件を起こす国家的危機のことを指しているのはもちろんのこと、特捜班で行っている危機的捜査(スパイ活動)も含まれると思います。

特捜班は新興宗教に信者のふりをして潜入捜査をしているのです。

また、稲見朗を始めとする危険なミッションを負わされた男たちやその関係者の精神的な危機という意味合いもあったりするのかもしれませんね。

『クライシス』というタイトルに込められた意味は、このように多義的なものだと思われます。

 

火9ドラマ『CRISIS(クライシス)』の視聴率速報

第1話(2017年4月11日放送)視聴率13.9%

第2話(2017年4月18日放送)視聴率11.2%

第3話(2017年4月25日放送)視聴率12.0%

第4話(2017年4月25日放送)視聴率    –   %

出典:ビデオリサーチ社調べ・関東地区

スポンサーリンク

火9ドラマ『CRISIS(クライシス)』の今までの簡単なあらすじ

第1話『巨悪に規格外なチームが挑む』

公安機動捜査隊特捜班は警視庁警備局長直轄の秘密部隊で、元自衛隊員の稲見(小栗旬)・元公安の田丸(西島秀俊)をはじめとする各分野からのスペシャリスト5名で構成され、その任務は機動捜査隊特捜班がテロや政治的事件など、国家レベルの危機(クライシス)に立ち向かうこと。

第1話では爆弾テロ事件の捜査にあたり、見事解決に至りましたが、逮捕された犯人はただの実行犯で、その背後には平成維新軍という謎の組織が存在していることが発覚したのでした。

公安機動捜査隊特捜班を結成したのは警視庁警備局長の鍛治大輝(長塚京三)ですが、この鍛冶という男、公安機動捜査隊特捜班の活躍により、自分の評価が上がることが嬉しくて仕方ない様子。

鍛冶が班員に無理をさせることを心配した警視庁公安総務課長の青沼祐光(飯田基祐)は、『連中は一度骨折をしている競走馬です。気を使っていただかないと』と苦言を呈しますが、鍛冶は『次に骨折したら安楽死させればいいだけだろう?』と笑います。

元自衛隊員の稲見の『骨折』にあたる過去の傷に関する描写もありました。

『殺さないでくれ』と命乞いをする男に容赦なく銃弾を打ち込んだ稲見。第2話以降、さらに詳しく明らかになってきそうですね。

>>『クライシス』小栗旬の過去(2年前)に起きた自衛隊での事件の真相とは?!

>>『クライシス』小栗旬との絡みで出演した過去の女性達を一挙ご紹介!

 

第2話『暗殺の真相を暴け』

公安機動捜査隊特捜班は警視庁警備局長直轄の秘密部隊で、元自衛隊員の稲見(小栗旬)・元公安の田丸(西島秀俊)をはじめとする各分野からのスペシャリスト5名で構成され、その任務はテロや政治的事件など、国家レベルの危機(クライシス)に立ち向かうこと。

第2話では、国家のトップら御用達の売春宿で暴力事件が起き、少女が意識不明の重体という被害を受けましたが、犯人が次期官房長官という立場にあったため、上からの命令が下り、捜査は打ち切られることとなりました。

『いつかこのシステムを変えてみせる』そう宣言した田丸は行き場のない気持ちを抱えたまま、現在新興宗教団体に潜入中の林智史(眞島秀和)の妻・林千種(石田ゆり子)に接触。田丸は『もう少しそばにいてください』と千種に言い、千種は『はい』と応じました。

この2人の関係は、ただの夫の上司・部下の妻といった間柄でもないようです。

田丸の過去も含め、徐々に明らかになる班員たちのプライベートな部分も気になりますね。

第3話では平成維新軍との戦いが再度描かれます。

第2話では国家の嘘に巻き込まれ、正義とは何か?を自問自答した班員たちですが、国家の嘘を暴こうとするテロ組織との板挟みになり、さらなる葛藤が生まれそうです。

>>ドラマ『CRISIS(クライシス)』第2話!西島秀俊と石田ゆり子の関係はいかに?!

 

第3話『議員襲撃!テロを阻止せよ!』

公安機動捜査隊特捜班は警視庁警備局長直轄の秘密部隊で、元自衛隊員の稲見(小栗旬)・元公安の田丸(西島秀俊)をはじめとする各分野からのスペシャリスト5名で構成され、その任務はテロや政治的事件など、国家レベルの危機(クライシス)に立ち向かうこと。

第3話では、第1話に登場したテロ組織・平成維新軍との戦いが描かれました。平成維新軍がテロ活動の捨て駒として利用したのは、若き兄弟。

自分たちの死が、合言葉である『この国の未来のために!』なることを信じて疑わないまま、田丸たちの目の前で兄弟は自決の道を選択。

悲惨な状況を目の当たりにし、田丸は思わず『俺たちに勝ち目はあるのか・・・』と漏らします。

また、平成維新軍の源流が、公安機動捜査隊特捜班の大山玲(新木優子)がかつて所属していたハッカー集団であることが判明。

幹部には高校生らしき若者もいるようです。

第4話では大学教授の身辺警護を任された公安機動捜査隊特捜班ですが、この大学教授、果たして守るに値する人間なのか?!

今会も国家の闇が存在していそうな気配です。

>>ドラマ『CRISIS(クライシス)』平成維新軍のメンバー・黒幕を一挙公開!

スポンサーリンク

ドラマ『CRISIS(クライシス)』第4話の詳しいあらすじ速報をお届け!

あらすじ前半

公安機動捜査隊特捜班事務所。

吉永三成(田中哲司)から今回の任務が班員たちに言い渡される。

今回の任務は東京工業大学教授にて、航空宇宙工学を専攻する有馬丈博教授(小市慢太郎)の警護。

有馬は1週間後に出国する予定となっており、それまでの身辺警護が任務となる。

それ以上のことは吉永にも上から知らされていないらしい。

暗殺者・石黒(近藤公園)の携帯に『非通知様』と登録されている相手から電話が入った。

『納期は1週間以内ということですね』電話を受けた男はとある書店を訪れ、石立(浜田学)に仕事が入ったことを報告。

『どんな手を使っても構わないそうだ』石立は倉庫内に置いてあったケースを開け、並べられた武器を前に不敵な笑みを浮かべる。

公安機動捜査隊特捜班が大学の有馬のもとを訪れた。

『好きな時に好きなとこをうろつくから、君たちはただついてくればいいんだ』わかったら目障りだから出て行ってくれと有馬は横柄な態度。

稲見朗(小栗旬)と田丸三郎(西島秀俊)は教授室の前での見張りを任された。

話題は出国するという有馬の行き先が気になる稲見は、自分だったらハワイに行って過去を忘れたいと語る。

田丸はどこに行っても変わらないと諭す。

『過去の自分と決別したい場合はどうしたらいい?』と尋ねる稲見に、田丸は『さあな。ただ大事なのはどこにいるかじゃなく、そばに誰がいるかだ』と答えた。

夜になり、有馬の自宅にも警護に向かう班員たち。

有馬は3年前に離婚しているらしく、荒れ放題の庭には三輪車が無造作に転がっていた。

バー。稲見が別れ話をした直後らしい1人の女性に声をかけた。

『今日の昼間聞いたんだけど、過去の自分と決別するためには、そばに誰がいるかが大事だと。そばにいてあげるからとりあえず泣いちゃいなよ』女性はカウンターに顔を伏せて泣き出した。

石黒は有馬に護衛がついていたことを石立に報告。

有休を取ったと語る石黒に、石立は『公務員はいいな』とそっけなくつぶやいた。

大学。爆薬の匂いを察知した樫井勇輔(野間口徹)がドアを開けようとする有馬を止める。

『馬鹿馬鹿しい』有馬がドアを開けると、教授室で爆発物が爆発した。

二次被害の恐れがあると、有馬を連れ逃げる稲見と樫井。その後を銃を手にした石黒が追う。

石黒は外で張っている石立に電話。

『そっちに向かったぞ』しかし、稲見がいち早く石立の存在に気づき、もみ合いとなった。

そこに樫井が運転する有馬を乗せた車が到着。稲見は車に飛び乗り、その場を去った。

鍛治大輝(長塚京三)と青沼祐光(飯田基祐)のもとを吉永が訪れた。

これ以上、班員を危険な目にあわせられないという吉永は、有馬の件について詳細を教えてくれと頼む。

鍛冶はミサイル開発に熱心な某国から、有馬が拉致を計画されていると答えるが、明らかに有馬が命を狙われていることから拉致が目的とは思えないと言う。

鍛冶はとにかく諸事情があり、有馬の出国を早めることはできないため、なんとか守りきってくれと吉永に命令した。

事務所。有馬は家族が心配なため、そっちにも警護をつけてくれと吉永に依頼。

『もし警護をつけてくれなかったら、すべてマスコミにバラすと上に伝えてくれ』ミサイルのことかと尋ねる吉永に、有馬はとにかくそう伝えてくれればよいと多くを語らない。

今朝の爆弾の仕掛けを図面に起こしていた樫井に有馬が話しかけた。

かつてロケットエンジンの設計に携わっていたという有馬は図面を引く樫井を懐かしそうに眺める。

『君たちを誤解してたよ。ありがとう』有馬が出て行った後、稲見が樫井に尋ねる。『気づいた?全部過去形だった』

スポンサーリンク

あらすじ後半

家族に警護をつけると、逆に目を引く結果となるためやめたほうがよいという上からの忠告を吉永が有馬に伝える。

有馬は素直に受け入れた。

『どうしても聞いて欲しい。家族に会いたい』直接会うのが無理なら、遠目から見るだけでもよいという有馬は、要求を受け入れてもらえないならば、すべてをバラすと再度脅してきたが、吉永には何のことだかわからない。

幼稚園を出る有馬の元妻と息子を尾行する大山玲(新木優子)。『今幼稚園でました』近くに駐車した車内で待機していた有馬は、カーテンの隙間から元妻と息子をそっと目で追った。

お腹が空いたという有馬がおにぎりが食べたいと言い出した。

田丸が買いに出かける。直後、トイレが詰まってしまったという有馬。

大山がトイレに向かうと、背後から有馬が大山を攻撃。

大山が倒れた隙に、有馬は事務所を脱出した。

外に出た有馬は公衆電話からどこかに電話をかける。

『私だ。新しい情報があるんだ。決して後悔はさせないから会って話がしたい』

公安機動捜査隊特捜班は任務を解かれた。

国家に対する重大な反逆行為を行っていたという有馬。

今まで行っていた反逆行為の裏付けが解かれたため、有馬がたとえ脱走しなくても、今朝には任務を解かれる予定だったと言う吉永。

『あとは殺されるのを待つだけってことですね』田丸は有馬を出国させると言い、班員たちを連れ事務所を出て行った。

有馬の元妻のもとを訪れた稲見と樫井。元妻に全く知らない人物から電話がかかってきた。

『あの人が心配だったら自宅に行ってみろって・・・』有馬の自宅に向かおうとする稲見たちに、元妻はたまには息子の顔を見に来るよう伝えて欲しいと笑った。

有馬の自宅。『助けてくれ!』有馬の声が中から聞こえる。

爆薬が玄関ドアに仕掛けられていないことを樫井が確認したのち、稲見と樫井は銃を構え、室内に潜入。

『やばい匂いがする』という樫井。室内には爆薬を身体中に仕掛けられた有馬が立ち尽くしていた。『助けてくれ・・・』

有馬は足で爆薬のスイッチを押さえている。

『足を離すと爆発するって言ってた』樫井が調べた結果、足を離しても爆発するが、有馬の身体に仕掛けられている起爆装置と連動していて、そちらを解除しようとしても爆発することがわかった。

タイムリミットは1時間半。

『厄介な代物だよ。1時間半じゃ無理かもしれない』そう樫井は言うと、稲見に失敗した時のことを考え、半径50メートル以内の住民を避難させてくれと依頼した。

室内では樫井が爆薬の解除作業を行っていた。

有馬が語り出す。

『私が過ちを犯したのは4年前のことだった・・・』4年前、ハニトラップに引っかかったという有馬。

その後、政府からロケットミサイルの開発を依頼された有馬は偽の設計図を渡す。

偽の企みに乗っかってみようと思ったという有馬は、偽の設計図に則って、飛ばないミサイルの開発に没頭。

やがて、自分の行く末が心配になった有馬は公安に相談。

公安からは国家への反逆罪を問われ、逆に脅されることに。

そこからの有馬の転落は早かった。金が必要になれば、公安の情報を外部に売った。

そして、昨日も公安機動捜査隊特捜班の情報をある筋に売ろうとしたのだと有馬は続ける。

自分は救うに値しない人間のため、解除作業はもういいという有馬に、稲見が元妻の伝言を伝える、有馬は涙を流した。

そこに青沼がやってきて、すぐに解除作業を中止しろという。

『うるさい!』という樫井に、青沼は『お前たちの仕事はその爆弾を仕掛けたやつを捕まえることだ』と言う。

樫井が出て行き、有馬は稲見に家族写真を取ってくれと頼む。

写真たてを有馬に手渡した稲見に、有馬は『国家を信用するな』と伝えた。

有馬の自宅に背を向け去っていく樫井と稲見。

その背後で有馬の自宅が爆発した。

バー。稲見が1人カウンターで飲んでいると、この間恋人に振られ泣いていた女性がやってきた。

カウンターに顔を乗せ、ため息をつく稲見。女性は何も言わず、そっと稲見の隣の席に座った。

>>ドラマ『CRISIS(クライシス)』黒幕の正体が西島秀俊な理由が明らかに?!

 

第4話の感想

>>『クライシス』キャスト野崎萌香は可愛いけど、一体何役なのか?!

>>『CRISIS(クライシス)』キャスト新木優子の努力!演技が下手ではない新木優子を一挙ご紹介!

>>ドラマ『CRISIS(クライシス)』キャスト野間口徹の共感覚という能力が明らかに?!

 

『CRISIS(クライシス)』のドラマ動画フルを無料視聴する裏技を大公開!

お金を払ってDVDレンタルすれば、ドラマを視聴できるのは当たり前ですよね!

月に10本、20本と借りてしまうと、レンタル代もバカにならないのが現実です!

だからといって、無料動画サイトに手を出しては絶対にいけません!

なぜなら、無料動画サイトでのドラマ視聴は違法アップロードが多いんですよ!

もう知らなかったでは許されない状況になりつつあるのはご存知かと思います!

つまり、見逃しドラマの動画フルを視聴するなら、安全に視聴する時代がついに来たのです!

今絶賛オススメするのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!

しかも、今なら31日間無料トライアル期間中という事で、絶対にお得なのは間違いありません!

また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトでは最長となります!

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

だからこそ、お勧めできるわけです。

私は、31日間でU-NEXTにて、何本の映画やドラマが観れたと思いますか?

私は、ドラマを3作品ほど、第1話~最終話まで一気見しつつ、映画も何本か観てしまいました!

私的には、大満足でしたね!

利用者が言うのだから、間違いない動画配信サイトだと思います!

しかも、あまり知られていませんが、U-NEXTって雑誌読み放題って知っていました?

雑誌の種類もファッション誌・週刊誌・ビジネス誌など15ジャンルの最新号が読み放題なんです!

空いた時間にサクッとドラマ視聴し放題、サクッと雑誌も読み放題という事で、空いた時間を大満足にお過ごし頂けます!

それに、実は『U-NEXT』見逃しドラマだけじゃないんですよ!

昔にやってた結末が思い出せないドラマから、最新の見逃しドラマまで内容充実!

全てのテレビ局を網羅しているのがU-NEXTの特徴です!

つまり、

  • 小栗旬さん主演の『CRISIS(クライシス)』
  • 天海祐希が主演の『緊急取調室season2』
  • 藤原達也さん主演の『リバース』
  • マンガでお馴染みの『恋がヘタでも生きてます』

などの全ての見逃しに対応しているのです!

お客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

何よりこのキャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから!

無料キャンペーン期間中ですので、今のうちに登録をオススメ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非無料登録する事をオススメします!

>>無料申し込みはこちら<<

>>『クライシス』の真の意味とは?! ドラマ視聴率速報もお届け!

>>ドラマ『CRISIS(クライシス)』の主題歌を歌うBeverly(ビバリー)のPV動画を大公開!

まとめ

簡単に確実にドラマ『CRISIS(クライシス)』の見逃し第4話の無料動画フルを視聴できる方法はいかがでした?!

また、これから視聴を始める方は少しはストーリーが把握できましたか?!

それより、今回の方法は今流行っている動画視聴サイトの“31日無料キャンペーン”を逆に利用させて頂いた方法です!

先程も言いましたが、私も現在この方法で、最新ドラマから昔のドラマまで絶賛3ヶ月目の無料視聴を行なっていて、1円も払ってないので、100%実証済なのでご安心下さい!

>>無料視聴の申し込みはこちら<<

ドラマ『CRISIS(クライシス)』も中盤戦に突入し、平成維新軍、小栗旬の過去、西島秀俊と石田ゆり子との関係などが少しずつ明らかになってきましたね!

>>ドラマ『CRISIS(クライシス)』第2話!西島秀俊と石田ゆり子の関係はいかに?!

>>ドラマ『CRISIS(クライシス)』平成維新軍のメンバー・黒幕を一挙公開!

>>『クライシス』小栗旬の過去(2年前)に起きた自衛隊での事件の真相とは?!

それでは、U-NEXTにて無料視聴を満喫して確実に31日以内に解約して、第5話から最終話に向けて楽しく視聴していきましょう!

Pocket