『貴族探偵』ドラマ動画フル第7話を無料視聴する裏技を大公開!

貴族探偵 動画 7話 無料
Pocket

本記事では、『貴族探偵』ドラマ動画フル第7話を無料視聴する裏技をしっかりご紹介していきたいと思います!

皆さん、相葉雅紀さんと武井咲をメインに繰り広げる月9『貴族探偵』はしっかりご覧になってますかー?

月9『貴族探偵』第7話にて、段々と貴族探偵の正体が明らかになってきましたね!

とても面白くなってきましたね!

そんな今回は、相葉雅紀主演の月9ドラマ『貴族探偵』第7話の無料視聴方法をお届けしていきますよ!

現在、私も利用している方法で、私も消費者の1人なので、言わせてもらいますが、

1円も払った覚えはありませんよ!!!

それでは、今回は月9ドラマ『貴族探偵』前回第6話のあらすじ(ネタバレ)も最後に掲載していますので、読んでって下さいね!

それでは、早速紹介していきます!

月9ドラマ『貴族探偵』基本情報

  • TV局:フジテレビ
  • 開始日:2017年4月スタート毎週月曜日夜9時~
  • 出演者:相葉雅紀、武井咲、生瀬勝久、井川遥、仲間由紀恵、中山美穂他
  • 原作:麻耶御雄嵩
  • 脚本:黒岩勉
  • プロデューサー:羽鳥健一、西坂瑞城
  • 演出:中江功、金井紘、相沢秀幸

原作は2作あり(「貴族探偵」と「貴族探偵対女探偵」)、合わせた行部数は、2017年2月の時点で13万3000部という人気推理小説です。

その映像化に伴い、スタッフには2年前に同じ月9で大ヒットした『ようこそ、わが家へ』を制作したヒットメーカーが再集結しています。

「貴族探偵」は「ようこそ、わが家へ」とテイストは違いますが、同じチームだからこそ、内容や質をより良い物にしてくれ、原作の人気要素である緻密な構造、大胆なトリックそして華麗な謎解き部分を忠実に映像化してくれると思います。

 

第7話の視聴率速報を大公開!

  • 第1話(04/17) 11.8% high
  • 第2話(04/24) 8.3%
  • 第3話(05/01) 9.1%
  • 第4話(05/08) 8.9%
  • 第5話(05/15) 8.0%
  • 第6話(05/22) 7.5%   low
  • 第7話(05/29)       %

 

第6話にて、最低視聴率を出してしまいましたね!

私的には、結構面白いドラマだと思っているのですが!

 

月9ドラマ『貴族探偵』第7話を無料視聴する裏技を大公開!

今絶賛オススメするのが『フジテレビオンデマンド(FOD)という動画見放題サービスです!

フジテレビの現在放送中のドラマだけでなく、過去の名作ドラマ・バラエティ・アニメ・ 映画など、選りすぐりのラインアップをご用意しています!

申し込み方法はこちらのページからFODプレミアムに申し込むだけです!

FODプレミアムは月額888円(税抜)の見放題サービスとなります!

1日28.7円というコストパフォーマンスが非常に良いですね!

そして、何よりボーナスポイントとして毎月100ポイントプレゼントされます!

月額見放題コースに加入しても、ポイントを追加チャージすることで、他の有料番組の視聴が可能ですよ!

過去にフジテレビが制作したドラマや、バラエティ番組はもちろんのこと、アニメや映画など、数多くの対象作品が見放題となるサービスですね!

こちらのコース、Yahoo!IDからの登録で今なら31日間無料でお試しができます。

YAHOO!JAPAN IDを持っていない方も、登録は無料ですぐにできますので、読んでみて下さい!

無料視聴するための手順を大公開していきます!

※31日間の無料お試し期間に解約すれば、料金を請求されることは一切ありませんので安心してお試しくださいね。

無料期間は31日間!

ドラマ『貴族探偵』見逃し配信から過去の放送からまで全て一気見することができるんです!

実際に、私もFODプレミアムにYahoo!IDから登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

今回、『貴族探偵』を無料視聴するなら『フジテレビオンデマンド(FOD)しかないですね!

何よりお客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

是非『フジテレビオンデマンド(FOD)』にて、ドラマ『貴族探偵』の無料視聴を存分に楽しんじゃって下さい!

>>まずは無料でお試し『フジテレビオンデマンド(FOD)』<<

 

FOD利用者の口コミは?

 

>>月9ドラマ『貴族探偵』をFODで無料視聴するならこちら<<

 

月9『貴族探偵』前回の簡単なあらすじをお届け!

第6話『切子を殺し隠蔽したのは御人?!』

前半戦をご紹介!

https://twitter.com/msk_kn_luv/status/869168520247992320

3人の花婿候補が殺されたことで、警察が到着。

桜川家は騒然とする。

友也(白洲迅)が足を引きずっていることに気づいた愛香(武井咲)が皐月(加藤あい)に尋ねる。

『友也さん、あの足どうしたんですか?』

幼少期。

弥生(北香那)が友也を連れ、山に入った。

咲いている花を取ろうとした弥生が足を滑らせ、それを救った友也は足を負傷。

友也は怪我をしたまま、弥生を背負い、屋敷に帰ってきた。

以来、友也の足には後遺症が残っているのだという。

翌日。

『報酬は弾む』鷹亮(竜雷太)から事件の捜査を依頼された愛香。

『貴族探偵(相葉雅紀)が何者なのか、教えてくれませんか?』と愛香が言うと、鷹亮は『いいだろう。ただ、貴族探偵にも依頼してある』と言ったのだった。

貴族探偵はせっかく3件の殺人事件が起きたのだからと3つの事件を佐藤(滝藤賢一)・田中(中山美穂)・山本(松重豊)それぞれの使用人に捜査させると言い出した。

『もしかしたら今回チャンスかもよ?』と愛香に囁く鼻形雷雨(生瀬勝久)は、3人の使用人が手柄をめぐって戦うことで、逆に情報の共有ができなくなるのではと睨んでいるらしい。

水口(金井勇太)の捜査を担当するのは佐藤。

佐藤の捜査により、水口が刺されたナイフには尼子の指紋がついており、おでこに2つのコブができていることがわかった。

田中が担当するのは尼子(駒木根隆介)。

ポイントは尼子の右側頭部だけが殴られており、凶器がオブジェの3本並べられた棒のうちの1番右端のものだということだ。

最後に高宮(佐藤祐基)の捜査を担当する田中。

高山の左手に握られていたのが水口のジャケットの左袖のボタン。

凶器の紐は1階の洗面所にて、タオル類をまとめるのに使われていた紐だった。

鼻形は尼子が水口を刺殺し、その後左利きの高宮により尼子が撲殺したと推理するが、最後に高宮を刺殺した犯人が不在となる・・・その時、愛香がひらめいた。

『見えちゃいました、犯人。密室の答えも・・・』

貴族探偵のテントに一同が集められ、愛香が推理を始めた。

『背景にあるのは、たったひとつの思いだけなんです』という愛香は、事件の背後には友也と弥生の絆があったと言う。

事件のきっかけとなったのは身分違いの恋。

好きな友也の前で、花婿を選ぶことは弥生には到底出来ず、弥生が婿候補を殺害することを計画したというのが愛香の推理だ。

昨夜、別邸に行き、言葉巧みに声をかけ、水口に高宮と尼子を殺害させた弥生。

最も力が入らないナイフを手に取り、最後に水口を弥生が殺した。

弥生が全てを成し遂げた頃、友也は別邸に向かい、そこで3人の遺体を発見。

弥生が犯人であると察した友也は密室を作り、弥生をかばったというのが愛香の推理だった。

『弥生さん、反論はよろしいのですか?』と貴族探偵が弥生に尋ねるが、弥生は否定しない。

そこで友也がやったのは自分だと告白した。

自分が駆けつけた時、高宮と尼子はすでに息絶えていたが、水口はまだ生きていた。

水口を刺し殺したのは弥生ではなく、自分だと友也は語った。

『ブラボー!』愛香の名推理に拍手を送ったと思われた貴族探偵だったが、貴族探偵が拍手を送ったのは2人の素晴らしい主従関係にで、貴族探偵は愛香の推理が間違いだらけだという。

『山本、佐藤、田中、聞かせてやれ』『御意!』使用人たちが前に進み出る。

まずは山本が推理を始める。

背後から絞め殺されていた高宮。

高宮の手に握られていた水口のボタンは偽装だと山本は言う。

紐を高山の首にかけた時、通常であれば力が入れやすいよう、手が交差するため抵抗しようとしたならば、高宮の左手が掴んだのは水口の右手の袖口のボタンになるはずだ。

しかし、高宮の左手が握っていたのは水口の左袖のボタンだった。

高宮を絞殺した犯人は尼子。

尼子は高宮に抵抗され、メガネを割ってしまう。

メガネが高宮の部屋の灰皿に当たり、痕跡が残ってしまったので、尼子は灰皿を自室のものと交換。

その際に貴族探偵の名刺が下敷きになったのだという山本。

続けて尼子殺害の推理を田中が始める。

尼子を殺した犯人は水口。

左利きである高宮に罪を着せるため、水口は左手で尼子を撲殺。

弥生に電話した際、『尼子が左側頭部を殴られ殺されている』と左右を間違い伝えたのは、左利きの高宮を意識するあまり、『左』だと言い間違えたからで、そのことが犯人が水口であること示していると言う田中。

また3本並んでいる棒状のオブジェを手に取る際、左利きの人間にとって1番手に取りやすいのは1番左端のもの。

しかし、凶器に使われたのが1番右端にあったものであるということは、犯人が右利きであることを示していると田中は推理した。

最後に佐藤が推理を始めた。

スポンサーリンク

後半戦をご紹介!

https://twitter.com/mikixmatsujun/status/869170308225286146

最後に佐藤が推理を始めた。水口を刺し殺したのは高宮。

高宮は尼子に罪を着せるため、尼子の部屋の果物ナイフを盗み、水口の部屋で待ち伏せ。

入ってきた水口を背後から刺殺した。

3人がそれぞれ誰かを殺し、それぞれが誰かのせいに仕立て上げたということなのか?と尋ねる鷹亮にその通りだという貴族探偵。

しかしそれでは最後に残った人物を殺した犯人がいなくなると愛香が声を荒げる。

時間軸で説明すると、最初に被害にあったのは水口。

水口を尼子の部屋のナイフで刺した高宮だったが、部屋に戻った際、潜んでいた尼子に絞殺されてしまった。

尼子は高宮にボタンを握らせると、灰皿を交換。

隣の部屋では即死を免れた水口が意識を取り戻した。

水口は尼子を高宮が犯人であるかのように見せかけ、撲殺。自室に戻り、弥生に電話した後、水口は息絶えたのだった。

水口は2回床に倒れたため、おでこに2つのこぶがあったのだ。

密室を用意したのは、友也だった。

友也は犯人が弥生ではないかと思い現場を密室に。

一方、弥生も犯人が友也であると思い、愛香の推理を否定しなかったのだった。

謎は全て解き明かされた。

『お前は使用人失格だ!孫への特別な感情を持っている人間を使用人としておいておくわけにはいかない!』鷹亮が友也に向かって声を荒げる。『いつも弥生の心配ばかり!話にならん!これからは・・・桜川のために生きろ』土下座していた友也が驚いた表情で顔を上げる。

『守りたいものは守る。そのためにはどんなことでもするのが桜川家の男だ。わしの事業の手伝いをしてみろ。本物かどうか、見極めてやる』友也も弥生も涙を流す。『ありがとうございます・・・』友也が頭を下げた。

友也が立ち上がった際、友也のペンダントの中から幼い弥生が山に入った際、取ろうとした花の押し花が床に落ちた。『・・・持っててくれたのね・・・ありがとう、友也』テント内は2人を祝福する拍手に包まれたのだった。

『あの人、全てお見通しだったんですかね?』愛香が鼻形につぶやく。

真相解明の切り札となった灰皿下の名刺にいち早く気づいたのは貴族探偵だった。

そして、愛香は庭に生えていた毒ウツギに気づく。

『金山さんに毒を飲ませたのは誰だったんでしょうか?』

愛香と鼻形は金山の病室を訪ねる。

しかし、金山はすでに退院した後だった。

昨夜確認した際は瀕死の重体だと聞いたのにおかしいと怪しむ愛香。

『カルテ確認していいですか?』

しかし、看護師に確認させるも金山のカルテはどこにも見当たらない。

愛香はふと疑問に思い、病院を経営する医療法人・白桜会をGiriで検索。医療法人・白桜会の名誉会長の欄には、鷹亮の名前があった。

1年前、切子の事故の連絡を受けた愛香が駆けつけた病院も、医療法人・白桜会が経営する病院であったことを愛香は思い出した。

鷹亮の書斎にて、鷹亮と酒を交わす貴族探偵。『毒を食らった金山とかいう何がし、あれも優秀でしたね?』鷹亮はなんの話だととぼける。

貴族探偵は3匹の子豚の別の結末について、語り始めた。

最後、レンガの家に逃げ込んだ3匹の子豚が、狼の陰に怯え、勝手に殺し合い、全員いなくなってしまったという結末だ。

『狼は・・・伯爵だったんですね?』今回の3人の花婿候補は過去に桜川家がピンチに陥った際に融資を行った会社の御曹司たち。

借りを作ってしまった鷹亮にとって、この3人の花婿たちは喉に刺さった小骨のような存在だった。

鷹亮は金山という偽の婿候補に、毒を盛られ瀕死に陥る芝居をさせることによって、3人の婿候補を全員闇に葬ってしまったのだと貴族探偵は推理した。

『恐ろしい御人ですね?』という貴族探偵に、鷹亮は『あなたほどではありません』と答える。

事務所に帰ってきた愛香は必死に何かを探す。

やがて愛香は喜多見切子(井川遥)の死亡届を見つけた。

『見ないで!』と切子が止める。

『師匠・・・1年前のあれって。本当に事故だったんですか?』愛香が顔を上げると、すでにもうそこには切子の姿はなかった。封筒を閉じた愛香は、死亡届が入っていた封筒の封印に使われているのが、貴族探偵の家紋であることに気づく。

再び、桜川家の貴族探偵と鷹亮。

鷹亮が愛香が探偵としてのなかなかの素質を持っていると褒める。

『そう遠くない未来に気づかれるのではないですか?あなたが喜多見切子を殺したという事実に・・・』

スポンサーリンク

第7話『名探偵との直接対決!』公式HP予告

高徳愛香(武井咲)は、師匠・喜多見切子(井川遥)が亡くなる直前に扱った事件の報告書を読んでいる。

師匠の死に貴族探偵(相葉雅紀)が関係しているのか調べるために。

1年前、切子の大切なクライアントである都倉電子社長の都倉健一(小木茂光)が亡くなった。

自殺との一報を受けた切子は信じられず、都倉家に急ぐ。

切子を出迎えたのは、都倉の妻、光恵(広末涼子)、都倉の前妻の息子、忠仁(藤原季節)、同じく娘の江梨子(唐田えりか)、秘書の旗手真佐子(森口瑤子)たち。

切子は現場の管理責任者という交番勤務の警官、鼻形雷雨(生瀬勝久)を説き伏せ、都倉が死亡した書斎に入る。

都倉は睡眠薬服用後、自ら手首を切って失血死したと警察は判断していた。

書斎は中から鍵がかけられた、いわゆる密室状態だったのだ。

しかし、現場を独自に検証した切子は、密室は意図的に作られたと見抜き、都倉が何者かに殺されたと疑う。

そこに、田中(中山美穂)がやって来た。田中は主が待っていると、一同を貴族の天幕に誘う。

天幕の中で待っていた貴族探偵は、不可解な自殺があったと聞いたので面白そうだから出向いたと言う。

こうして、都倉を殺害した犯人暴きを、貴族探偵と切子が競うことになった。

もちろん、貴族探偵は現在と同じく、田中、佐藤(滝藤賢一)、山本(松重豊)ら使用人に推理は任せる様子。

さらに、貴族探偵は、もう1人の使用人にあることを依頼する。

事件を解決するのはどちらなのか?そして、もう1人の使用人とは?

出典:公式HP

 

まとめ

相葉雅紀主演の月9ドラマ『貴族探偵』第7話の無料視聴方法はいかがでしたか?

この方法を利用すると、いつもyoutubeにて動画探しに時間を費やしていた自分が馬鹿らしく感じてきますよ!

私がそうでしたから、間違いないですよ!w

しかし、皆さん忘れてはいけない事は31日ですからね、無料期間は!

それさえしっかりすれば、大丈夫ですね!

それでは、皆さん相葉雅紀主演の月9ドラマ『貴族探偵』最終話まで楽しんでいきましょう!

>>まずは無料でお試し『フジテレビオンデマンド(FOD)』<<

 

Pocket