『クライシス』最新話あらすじ・感想!第8話を詳しくお届け!

クライシス 最新話 あらすじ 8話
Pocket

アクションシーンがかっこいい『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』は毎週観ていますか?

『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』は小栗旬さん・西島秀俊さん主演のドラマで、2017年夏ドラマで大注目の作品ですよね。

今回は、『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』の最新話である第8話までのあらすじと感想をまとめています!

ドラマスタート時から神の光教に潜入していた千種(石田ゆり子)の夫・林智史(眞島秀和)から、ついに教団のテロ決行に関する緊急通報が田丸(西島秀俊)に舞い込みます。

林は情報の提供と引き換えに、潜入捜査からの解放を要求!!

戻ってくる夫を愛する自信がないという千種の言葉に、田丸の心は揺れてしまうのか・・・ネタバレをお伝えします。

ドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』最新話・第8話がまだの方はあらすじのネタバレにご注意ください。

記事後半には、見逃した方のために、無料動画視聴方法をお教えしますのでそちらも宜しければご覧ください!

『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』ってなに?

国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、規格外の男たちの活躍を描く!

テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ・・・相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。

刻々とタイムリミットが迫る中、驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる!

善と悪が入り乱れる中で押し寄せる危機的状況! それぞれの正義と苦悩が交錯した先に、 彼らを待ち受けているのは?

小栗旬×西島秀俊の日本を代表する俳優のW主演ということで注目を浴びている『CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班』。

このドラマはただのアクションだらけの刑事ドラマとは一味違います。

正義と悪が入り混じった中、人間的な部分も細やかに描かれるのが魅力の一つ。

守るもの、守られる物、そして犯人たちがそれぞれ違った涙を見せる人間ドラマの部分まで本当に良く作り込まれています。

 

大注目の主題歌 Beverly『I need your love』

主題歌のBeverly『I need your love』のような愛も持ち合わせているドラマ展開になっています!

 

第8話までの気になる視聴率は??

関西地区では18%と好スタートしています!

1話ではカッコ良すぎるアクションシーンで話題となりました。

日本のドラマとは一線を画した演出でカンヌに受け入れられた理由も垣間見えました。

  • 【CRISIS/クライシス】1話の視聴率は13.8%。
  • 【CRISIS/クライシス】2話の視聴率は11.2%。
  • 【CRISIS/クライシス】3話の視聴率は12.0%。
  • 【CRISIS/クライシス】4話の視聴率は8.4%。
  • 【CRISIS/クライシス】5話の視聴率は10.3%。
  • 【CRISIS/クライシス】6話の視聴率は10.2%。
  • 【CRISIS/クライシス】7話の視聴率は8.7%。
  • 【CRISIS/クライシス】8話の視聴率は10.5%。 ←NEW!

スポンサーリンク

『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』振り返り

公安機動捜査隊特捜班は警視庁警備局長直轄の秘密部隊で、元自衛隊員の稲見・元公安の田丸をはじめとする各分野からのスペシャリスト5名で構成され、その任務はテロや政治的事件など、国家レベルの危機(クライシス)に立ち向かうこと。

第7話にて、テロ組織・平成維新軍の検挙に成功した特捜班。

第8話では、ドラマスタート時から宗教団体に潜入していた林から、ついにテロ決行に関する情報が入ります。

潜入捜査に疲弊している林は情報提供と引き換えに、潜入捜査からの解放を要求。林の要求は承諾されることになりそうです。

そんななか、心を悩ませている人物が2人・・・林の妻・千種と田丸です!

これまでにも2人には、ただならぬ関係であることを示唆する描写があり、千種は田丸に夫が戻ってきても再び愛する自信がないと弱音を吐きます。

そして、林が提供してきた情報通り、教団のターゲットと思われる人物の護衛についた特捜班でしたが、そこでまさかのどんでん返しが起こります。危惧されるのは林の身の安否・・・

ドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』では、過去にも国家から見捨てられ、潜入先に置き去りにされ、表の世界に戻るすべを失った捜査員が登場しました。

林がそうなれば、千種が田丸のものになることも可能です。

第8話では、田丸の激しい葛藤が予想されます。

 

『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』第8話のあらすじ(前編)

新興宗教団体・神の光教幹部の部屋。『例の件はうまくいってる?』『計画通り進めております。ご安心ください。今度こそ我々の敵を排除してみせます』

その会話を別室で盗聴していた公安の協力者・林智史(眞島秀和)は、妻の林千種(石田ゆり子)に重要な情報があると連絡。

千種はその旨を田丸三郎(西島秀俊)に伝える。田丸以外の人間とは話さないと林は言っているらしい。

とある店のトイレで林と極秘裏に接触した田丸。『変わってませんね、ホッとしました』と林は田丸に挨拶。

『スパイをやめたいんです。妻の元に帰りたいんです。教団を脱走します。妻と私を保護してください』と切り出し、毎日の潜入捜査に疲弊している旨を語る。

本当の情報かどうかわからないと言葉を濁す田丸に、林はテロが起こった時点で自分を保護して欲しいという。

田丸は林の要求を青沼祐光(飯田基祐)に伝えた。青沼は要求を飲むとのこと。去ろうとした田丸に青沼が『林の妻とは何の問題もないか?』と聞く。

田丸は少しの間の後、『問題ありません』と言い、部屋を出て行った!

千種と会った田丸。千種は情報提供と引き換えに、林を救うという公安が作成した誓約書にサインした。

『テロの決行日は明後日。狙われるのは文部科学大臣です』千種は林から聞いた情報を田丸に伝えた。

今回の件を公安機動捜査隊特捜班に任せようという鍛治大輝(長塚京三)。もっと大掛かりにしたほうがいいのではないかという青沼。

『田丸は女に甘いからな』と鍛冶は言う。どうやら鍛冶は情報の信憑性を疑っているようにも見える!

テロ決行日当日。文部科学大臣が登壇するイベント会場に到着した公安機動捜査隊特捜班。それぞれが手分けして警護に就く。やがて大臣が到着した。

エントランスを入り、エスカレーターにて会場に向かう大臣一行の背後から、1人の男が近づいていくのを田丸と稲見は見逃さなかった。

やがて、大臣一行に向かって走り出した男。男の手はバッグに突っ込まれている。

テロ実行犯だと確信した田丸と稲見は男を取り押さえる。しかしバッグの中はからっぽだった!

スパイであることを疑われた林は、教団から誤情報をつかまされたらしい。

田丸は千種のもとへ。『すぐにここを出ます。必要最低限のものだけ持って来て下さい』『・・・はい!』

その頃。教団では教団メンバーによって林が確保された。

田丸は千種をホテルの一室へ。林に危険が迫っていること、すぐに林の安全の確保に向かうことを田丸は千種に告げる。

『夫に何かあったら私はどうやって生きていけばいいのですか?いつまでも私を守ってくれますか?』という千種の言葉に、田丸は答えなかった。

青沼は情報が間違っていて、林に危険が迫っているという確信が持ていない以上、林の救出には応じることができないという。

今は様子を見るしかないという判断の青沼。その頃、林は教団施設にてリンチを受けていた!

公安機動捜査隊特捜班の詰所に1人残っていた稲見に、田丸が話しかける。

会社の金を父親の借金返済のために横領し、妻との関係もうまくいっていなかった林。

そんな林に田丸は言葉巧みに近寄り、協力者に仕立て上げた。その頃の田丸はあるトラブルで公安の信用を失っており、田丸は信用回復のため弱いものを闇の世界に送り込んでしまったと語る。

『本当は美しい妻に心を奪われたからなのかもしれない・・・』田丸は仕事にかこつけて、千種に会えると考えたのも一つの理由だと稲見に告白。

稲見は『田丸さんが人間らしくてホッとしたわ』と漏らす。自分も林も組織の駒にすぎないという田丸は、『利用価値のなくなった駒は捨てられるまでだ。ただ駒にだって意地はある』と言い残し、出て行った。

翌朝。今回の件は田丸単独の任務となったことが吉永三成(田中哲司)から班員たちに報告される。『こんな機会は滅多にないから休暇でもとってくれ。じゃあな』と田丸は言い、千種のホテルに向かった。

『林がスパイであること、あなたが教団に密告しましたね?』田丸は千種に尋ねる。

『いつ気付いたの?どうしてわかったの?』気づかれないようにうまく振る舞ったつもりだったという千種。誓約書にサインした際、いつもと様子が違ったという田丸。

『そんなに私のこと理解してくれてるなら、私の気持ちわかるでしょ?』

スポンサーリンク

『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』第8話のあらすじ(後編)

千種は家庭を放り出して、金のために潜入捜査に出ていった林への不信感を持っていた。『私が欲しいでしょ?私と暮らさない?』という千種に、田丸は自分のせいで千種の心を変えてしまったと悔やむ。

千種はもともと自分はこんな女で、田丸は理想の女性像を自分に重ねているだけだと主張。

『どうするの?』田丸は危険が去ったわけではないので、この部屋を出ないようにとだけ言い残し、部屋を出て行った・・・。

直後、田丸は吉永のデスクに一通の封筒を置き、出て行った。その封筒には『退職届』と書かれていた。

田丸はその足で教団の本部へ向かった。

そこに吉永、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)、稲見が駆けつける。『私たちチームでしょ?』『楽しいことはみんなで分かち合いましょうよ?』

『そろそろ始めますか?』樫井が仕掛けた爆弾が内部で爆発。信者たちは騒然となった。

その隙に乗じて、田丸たちは内部に一気に侵入。信者たちと格闘しながら、林が監禁されていると思われる3階の部屋へ一歩一歩向かっていく。

そして、ついに田丸が林が囚われている部屋にたどり着いた。椅子に縛り付けられ、血まみれになっている林!

田丸は林の頬を両手で掴むと、微笑み、動けない林を担ぎ出した。

やがて、他の班員らと合流した田丸。全員で林を建物の外へ連れ出そうとする。しかし、1階には大勢の信者たちが立ちふさがっていた。

と、そこに青沼が機動隊を引き連れ、なだれ込んできた。『今すぐそいつを連れてここから消えろ。お前らはここにいなかった』という青沼に礼を言う田丸。

青沼は本当はもっと早くにこうすべきだったと言い、お前たちのためじゃないと言った。

翌朝。内偵捜査を進めていた神の光教に、爆弾製造などの疑いがあり、警察の強制捜査が入った旨を封じるニュースを見ながら、ご満悦の鍛冶。

信者の残党に狙われる危険性のある林と千種は2年間ほど海外へ逃がした後、日本に戻すと青沼は鍛冶に伝える。

『日本に戻すな。あの女は田丸にとってアキレス腱だ。田丸からちらつくところに置いてはろくなことにならない』と冷酷な命令を下す鍛冶に向かって、青沼は『特捜班をつかってどこまで行くつもりですか?』と尋ねる。鍛冶は笑みを浮かべた。

去りゆく千種に、こうする他なかったことを謝罪する田丸。『あなたと暮らしてみたかった』涙を浮かべる千種の頬に、田丸はそっと手の甲で触れる。千種は去っていった・・・。

千種との密会場所であった教会に1人佇む田丸の横に、1人の男が座った。『少しお話をさせていただいてよろしいですか?』

 

『CRISIS(クライシス)』最新話のドラマ動画フルを無料視聴する方法を大公開!

お金を払ってDVDレンタルすれば、ドラマを視聴できるのは当たり前ですよね!

月に10本、20本と借りてしまうと、レンタル代もバカにならないのが現実です!

だからといって、無料動画サイトに手を出しては絶対にいけません!

なぜなら、無料動画サイトでのドラマ視聴は違法アップロードが多いんですよ!

もう知らなかったでは許されない状況になりつつあるのはご存知かと思います!

つまり、見逃しドラマの動画フルを視聴するなら、安全に視聴する時代がついに来たのです!

今絶賛オススメするのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!

しかも、今なら31日間無料トライアル期間中という事で、絶対にお得なのは間違いありません!

また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトでは最長となります!

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

だからこそ、お勧めできるわけです。

私は、31日間でU-NEXTにて、何本の映画やドラマが観れたと思いますか?

私は、ドラマを3作品ほど、第1話~最終話まで一気見しつつ、映画も何本か観てしまいました!

私的には、大満足でしたね!

利用者が言うのだから、間違いない動画配信サイトだと思います!

しかも、あまり知られていませんが、U-NEXTって雑誌読み放題って知っていました?

雑誌の種類もファッション誌・週刊誌・ビジネス誌など15ジャンルの最新号が読み放題なんです!

空いた時間にサクッとドラマ視聴し放題、サクッと雑誌も読み放題という事で、空いた時間を大満足にお過ごし頂けます!

それに、実は『U-NEXT』見逃しドラマだけじゃないんですよ!

昔にやってた結末が思い出せないドラマから、最新の見逃しドラマまで内容充実!

あらゆるテレビ局を網羅しているのがU-NEXTの特徴です!

つまり、

  • 小栗旬さん主演の『CRISIS(クライシス)』
  • 日曜劇場で話題の『小さな巨人』
  • 藤原達也さん主演の『リバース』
  • マンガでお馴染みの『恋がヘタでも生きてます』
  • 波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』

などの全ての見逃しに対応しているのです!

お客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

何よりこのキャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから!

無料キャンペーン期間中ですので、今のうちに登録をオススメ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非無料登録する事をオススメします!

>>無料申し込みはこちら<<

利用者の口コミは?

>>31日無料視聴申し込みはこちら<<

 

まとめ

『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』最新話・第8話のあらすじはいかがでしたでしょうか。

ラストシーンでは、手に汗握るアクションが圧巻の演技でしたね!

実際個人的にも今まで見てきたアクションドラマの中でも最高のシーンであったと思います!

今回は田丸さんや林の奥さんとのやり取りも切ないものがありドキドキしました。

次回第9話からはいよいよ最終章とのことで、稲見の過去も明らかになります。

そして、今まで以上の怒涛の展開となっていくのでしょう。次回もたのしみですね!!

最新話である第8話を見逃してしまった方は、U-NEXTで過去ドラマの動画視聴が出来るので上のリンク先から飛んでみてくださいね!!

Pocket