『クライシス』ネタバレ第8話で田丸三郎と林千種の恋の行方が!

クライシス ネタバレ 8話
Pocket

『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』は小栗旬さん・西島秀俊さん主演の大人気ドラマですね!

『CRISIS(クライシス)第8話』は、テロの行方と田丸三郎と林千種の関係について放送されました。

そしていよいよ!!6月13日(火)に最終話(第10話)を迎えますね!

まだ途中までしか見ていない方のために、『CRISIS(クライシス)第8話のネタバレ』とともに動画視聴方法をご紹介します!

ここからは『CRISIS(クライシス)第8話のネタバレ』を含みますので、まだ視聴されていない方は注意してくださいね。

CRISIS(クライシス)ってどんなお話?

クライシス ネタバレ 8話

出典:http://www.doramaosusume.info/entry/2017/05/30/133942

国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう、規格外の男たちの活躍を描く!

テロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイ…

相手は想像をはるかに超える脅威ばかり。

刻々とタイムリミットが迫る中、驚がくの展開が息つく暇もなく繰り広げられる!

善と悪が入り乱れる中で押し寄せる危機的状況!

それぞれの正義と苦悩が交錯した先に、 彼らを待ち受けているのは?

現在の日本ドラマ・映画界を代表する本格派俳優2人が民放連続ドラマ初共演!

直木賞作家・金城一紀が手掛ける骨太なアクションエンターテインメントです!

 

キャスト

稲見朗(小栗旬)

田丸三郎(西島秀俊)

吉永三成(田中哲司)

樫井勇輔(野間口徹)

大山玲(新木優子)

林千種(石田ゆり子)

林智史(眞島秀和)

青沼祐光(飯田基祐)

鍛冶大輝(長塚京三)

 

神の光教団に潜入中の林智史がテロ情報を入手

林千種(石田ゆり子)は田丸三郎(西島秀俊)に、夫の林智史(眞島秀和)が神の光教団に関する重大な情報を得たから直接会って話がしたいと連絡があったことを告げます。

林智史(眞島秀和)は教団の人間と外出した際、トイレに行ってくると言って、トイレで待っていた田丸三郎(西島秀俊)と会い、テロに関する情報を教える代わりにスパイを辞めて妻の元に戻りたいことを告げ、教団から脱走するので自分と妻を保護してくれるように頼みます。

それを聞いた田丸三郎(西島秀俊)は『情報が本当かわからないのに条件を飲めるわけがないだろう。』と言うと、林智史(眞島秀和)は『わかってます。だからテロを阻止した後で約束を果たしてもらえればいいです。その代わり約束を文書に残して下さい。妻が文書を確かめてサインした時点で情報を提供します。早く決断しないとテロが起きてしまいますよ!』と言い残し、その場を後にするのでした。

田丸三郎(西島秀俊)は青沼祐光(飯田基祐)に、そのことを報告すると、青沼祐光(飯田基祐)から『林の妻とは何の問題もないのか?』と聞かれ、田丸三郎(西島秀俊)は『何の問題もありません。』と答えるのでした。

そして田丸三郎(西島秀俊)は林千種(石田ゆり子)に文書を見せてサインをしてもらい、林千種(石田ゆり子)から、テロの決行日が2日後で、標的は文部科学大臣だという情報を得ます。

報告を受けた鍛冶大輝(長塚京三)は公安機動捜査隊特捜班に担当させることに決めます。

テロ決行当日、公安機動捜査隊特捜班がイベント会場で警備を担当し、誰が実行犯なのかはわからないまま警備に当たります。

そして文部科学大臣が到着し、稲見朗(小栗旬)と田丸三郎(西島秀俊)が文部科学大臣の後ろで、様子をうかがっていると、神の光教団の元信者がカバンから何かを取り出して何かをしようと文部科学大臣の元に駆け寄りますが、稲見朗(小栗旬)と田丸三郎(西島秀俊)が追いかけて、取り押さえることに成功しました。

田丸三郎(西島秀俊)は取り押さえた元信者を取り上げ、カバンの中を確認すると、何も入っておらず、すぐに罠であったと気付き、田丸三郎(西島秀俊)は走り出して林千種(石田ゆり子)の元に向かい、必要最小限の物だけ持って今すぐにここを出ることを告げます。

一方、いつも本の裏に盗聴器を隠していた林智史(眞島秀和)は盗聴器がなくなっていることに気付き、教団にスパイだとバレてしまうのでした。

その頃、田丸三郎(西島秀俊)は林千種(石田ゆり子)をホテルにかくまい、外に出ないようにすることと、もし今回のテロが教団内のスパイをあぶり出すためのものであれば命の危険もあるので、なるべく早く林智史(眞島秀和)の脱出の手筈を整えることを告げます。

それを聞いた林千種(石田ゆり子)は田丸三郎(西島秀俊)に『夫にもしものことがあったら私はどうしたらいいんですか?どうして生きていったらいいんですか?いつまでも私を守ってくれますか?』と言いますが、田丸三郎(西島秀俊)は『一旦、戻ります。何かあったらすぐに電話して下さい。』と言い残し、その場を後にするのでした。

 

田丸三郎と林千種の恋の行方

https://twitter.com/miho0173/status/871736447803416576

田丸三郎(西島秀俊)は青沼祐光(飯田基祐)に報告するも『テロの情報がガセだった以上、取引を履行する必要はない。林の正体がバレたとは限らない。定期連絡が途絶えたら何かしらの措置を検討する。それまでは様子を見るしかない。』と告げ、田丸三郎(西島秀俊)は渋々、納得するのでした。

一方、林智史(眞島秀和)は厳しい尋問を受けていました!

その頃、田丸三郎(西島秀俊)は稲見朗(小栗旬)に在家信者で借金もあった林智史(眞島秀和)を心巧みに誘導してスパイの話を持ち掛けたことや、本当は林千種(石田ゆり子)に心を奪われ、工作のためと体裁を整えれば罪悪感を感じずに林千種(石田ゆり子)に会えるし、林智史(眞島秀和)がいなくなれば、いつか彼女の心が夫から離れて自分の元に寄り添う時が来ると思って、林智史(眞島秀和)を闇の奥に送り込んでしまったのかもしれないことを告げます。

翌日、田丸三郎(西島秀俊)は今回の任務の後始末で別行動となり、その間、他の公安機動捜査隊特捜班のメンバーの任務はなくなり、田丸三郎(西島秀俊)は『こんな機会でもないと休暇を取れないので、休暇でも取ってくれ!じゃあな!』と言って、その場を後にします。

そして田丸三郎(西島秀俊)は林千種(石田ゆり子)の元に向かい『林がスパイであること、あなたが教団に密告しましたね?』と聞き、林千種(石田ゆり子)は『どうしてわかったの?気付かれないように上手く振る舞ったつもりだったけど』と言うと、田丸三郎(西島秀俊)は『あの時のあなたは明らかにいつものあなたとは違っていました。』と告げます。

すると林千種(石田ゆり子)は『そこまで私のこと理解してくれているなら、私の気持ちもわかってくれているでしょう?金に釣られて国家のためだからとか言って、私をほったらかして出ていった人と、どうしてまた一緒に暮らせると思う?あの人が出ていってから2年間、私は牢獄のようなあの家で、人質のように暮らさなければならなかったの?』と言うと、田丸三郎(西島秀俊)は『林を説得したのは私です。私の責任です。』と告げ、公式には林智史(眞島秀和)をどうすることもできないことも話すのでした。

それを聞いた林千種(石田ゆり子)は『あの人のことはもう放っておいて!自分の進んでいった道の先に今の結果があっただけなのよ!私が欲しくないの?私と一緒に暮らしましょう。』と言うと、田丸三郎(西島秀俊)は『私の心があなたを惑わせてしまった。あなたを別の人間に変えてしまった。』と言うと、林千種(石田ゆり子)は『他人にそんな力はないわ!私は最初からこんな人間だったのよ!あなたは自分の理想の女を私に重ね合わせ見てただけなのよ!どうするの?』と選択を迫ると、田丸三郎(西島秀俊)は『まだ危険が去ったわけではないので、この部屋を出ないで下さい。』と言って、その場を後にするのでした。

その後、田丸三郎(西島秀俊)は退職届を置いて、教団に潜入しようとすると、そこに公安機動捜査隊特捜班のメンバーが現れ、全員で林智史(眞島秀和)の救出に信者150人を相手に、たった5人で乗り込みます。

樫井勇輔(野間口徹)が事前に仕掛けた爆弾で信者を散らし、3階にいる林智史(眞島秀和)目指して、襲い掛かる信者たちをなぎ倒して進み、稲見朗(小栗旬)と田丸三郎(西島秀俊)が3階にたどり着くと、そこに待っていたのは2人の屈強な信者で、2人が格闘の末に何とか倒して、ボロボロになった林智史(眞島秀和)を助け出すも、信者たちは行く手を阻み、なかなか外に出ることができません。

すると青沼祐光(飯田基祐)がSATを引き連れて現れ『今すぐそいつを連れて、ここから消えろ!お前達はここにはいなかったんだ!』と告げ、公安機動捜査隊特捜班は林智史(眞島秀和)を助け出すことに成功するのでした!

翌日、神の光教団に強制捜査が入ったことがニュースで報道され、青沼祐光(飯田基祐)は鍛冶大輝(長塚京三)に林千種(石田ゆり子)が教団に狙われる可能性があるので、2年ほど海外で生活させた後、日本に戻そうと思っていることを告げると、鍛冶大輝(長塚京三)は『日本に戻すな!あの女は田丸にとってのアキレス腱だ!田丸の目にちらつく場所に置いてはろくなことがない。』と話すと、青沼祐光(飯田基祐)は『特捜班を使って、どこまでいくつもりですか?』と聞くと、鍛冶大輝(長塚京三)はニヤリと笑います。

そして海外に向かう林千種(石田ゆり子)に田丸三郎(西島秀俊)は『すいませんでした。』と言うと、林千種(石田ゆり子)は『あなたは嘘をほっとけない人なんだもの。あなたのそういうところを好きになったのよ!だから謝らないで!あなたと暮らしてみたかった…』と言って、涙を見せると、田丸三郎(西島秀俊)が林千種(石田ゆり子)の顔を手でぬぐい、2人は別れます。

その後、田丸三郎(西島秀俊)は林千種(石田ゆり子)といつも会っていた教会で、何者かに『少しお話をさせてもらってもいいですか?』と話しかけられてしまうのでした。

 

『CRISIS(クライシス)』第8話の動画フルを無料視聴する方法を大公開!

今絶賛オススメするのが『フジテレビオンデマンド(FOD)という動画見放題サービスです!

フジテレビの現在放送中のドラマだけでなく、過去の名作ドラマ・バラエティ・アニメ・ 映画など、選りすぐりのラインアップをご用意しています!

申し込み方法はこちらのページからFODプレミアムに申し込むだけです!

FODプレミアムは月額888円(税抜)の見放題サービスとなります!

1日28.7円というコストパフォーマンスが非常に良いですね!

そして、何よりボーナスポイントとして毎月100ポイントプレゼントされます!

月額見放題コースに加入しても、ポイントを追加チャージすることで、他の有料番組の視聴が可能ですよ!

過去にフジテレビが制作したドラマや、バラエティ番組はもちろんのこと、アニメや映画など、数多くの対象作品が見放題となるサービスですね!

こちらのコース、Yahoo!IDからの登録で今なら31日間無料でお試しができます。

YAHOO!JAPAN IDを持っていない方も、登録は無料ですぐにできますので、読んでみて下さい!

無料視聴するための手順を大公開していきます!

※31日間の無料お試し期間に解約すれば、料金を請求されることは一切ありませんので安心してお試しくださいね。

無料期間は31日間!

ドラマ『貴族探偵』見逃し配信から過去の放送からまで全て一気見することができるんです!

実際に、私もFODプレミアムにYahoo!IDから登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

今回、『貴族探偵』を無料視聴するなら『フジテレビオンデマンド(FOD)しかないですね!

何よりお客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

是非『フジテレビオンデマンド(FOD)』にて、ドラマ『クライシス』の無料視聴を存分に楽しんじゃって下さい!

>>まずは無料でお試し『フジテレビオンデマンド(FOD)』<<

利用者の口コミは?

 

>>大人気ドラマ『クライシス』をFODで無料視聴するならこちら<<

 

『CRISIS(クライシス)』史上最大規模のアクションの裏側とは?

https://twitter.com/aaa4461002/status/869888352937328640

稲見ら特捜班と新興宗教団体『神の光教団』が直接対決するシーンの撮影がスタートしました。

まずは、突入冒頭の、本部一階エントランス全体で繰り広げられた戦闘が撮影されました。

縦横無尽に駆け回る特捜班と信者たちの姿をリアルに捉えるため、手持ちカメラと“長回し”を駆使しての撮影。

これは同シーンのほぼ全てのカットに共通して言えることで、その過酷かつ難しい芝居&撮影に、1カットが『OK』になるたび、スタッフ陣からは大きな拍手と歓声が起こったのでした。

こうして撮影されていった同シーン。

元ラグビー部という設定の樫井は、襲いかかる信者たちに次々とタックルを仕掛けて引き倒し、柔道の達人である吉永はバッタバッタと信者を投げ、ハンマーパンチを繰り出し…。

田中さんは後にこのシーンを振り返って『信者役のアクション俳優の方を硬い床に投げるので、心配もしましたが、皆さんがうまく投げられてくれるので助かりました』と語ってくれました。
夜を通して行われた撮影が終了したのは早朝のこと。

なんとアクションパートの撮影の総合時間は約12時間にも及んだそうです!

 

視聴者の感想は?

https://twitter.com/i_ahj/status/872420174070140928

 

まとめ

今回は、田丸三郎(西島秀俊)と林千種(石田ゆり子)の恋と別れが描かれ、何とも切ない別れとなってしまいましたね。

さらに今回は、新日本プロレスの後藤洋央紀とドラゴンゲートの土井成樹という2人のプロレスラー出てきましたね!

プロレス技がいっぱい繰り広げられていたので、プロレスファンにはたまらない神回だったのではないでしょうか。

15分拡大の最終回では、8話を上回るボスキャラとのアクションにも期待したいですね!

『CRISIS(クライシス)第8話のネタバレ』をご覧いただきありがとうございました!!

Pocket