『デスノート』映画の動画フル2006を無料視聴する方法を一挙大公開!

デスノート 映画 動画 2006
Pocket

本記事では、2006年に放映された映画『デスノート』動画フルの無料視聴方法と映画『デスノート』前編のあらすじとをご紹介致します!

前編では、主人公がキラになる場面から描かれていますので、コミックやドラマでデスノートをご覧になったことない方でも、とても満足いく映画となります。

私はコミックを実写版する事に少し抵抗がありましたが、いざ視聴してみると、かなり堪能しちゃいました!

それでは、2006年放映の映画『デスノート』の情報と、動画フルの無料視聴のお得な情報をご紹介致します!

映画『デスノート』 概要

累計2,300万部超を誇る大場つぐみ原作の大ヒットコミックを、藤原竜也、松山ケンイチ主演で映画化したサスペンスシリーズの前編。

監督は、平成ガメラシリーズ、「あずみ2」の金子修介。

名前を書き込まれた人間を死に至らしめるノートを手に入れ凶悪犯を独自に粛清する青年と、事件を捜査する探偵の頭脳戦を描く。

夜神月(やがみライト)はエリート大学生。

類まれなる天才である彼は、偶然“DEATH NOTE”を手に入れた。

そこに名前を書かれた者は死ぬ。

将来は警視総監になれる逸材と言われながらも、法による正義に絶望していた彼は、そのノートを使って罪深き者に次々と制裁を加え、犯罪者のいない理想郷を作ろうとする。

そしてその制裁は、世間で話題になり、救世主“キラ”と呼ばれるようになる。

しかし、キラの正体を絞り込んでいた男がいた。

彼の名前は“L”。

数々の難事件を解決していた謎の名探偵で、彼はFBIや日本の警察に指示を出し、月に近づいていく…。

  • 監督:金子修介
  • 脚本:大石哲也
  • 製作総指揮:奥田誠治
  • 製作:高田真治、佐藤貴博、福田豊治、小橋孝裕
  • 原作:大場つぐみ、小畑健
  • 撮影:高瀬比呂志
  • 音楽:川井憲次
  • 美術:及川一

 

デスノートとは?

『デスノート』の原作は『週刊少年ジャンプ』に連載されました。

冒頭に書いたとおり、コミック累計発行部数3000万部超の人気漫画です。

原作・原案は、大場つぐみ氏。氏は本名・性別・生年月日非公開です。

氏については、「正体はかなりのベテラン大物作家」だとか「『週刊少年ジャンプ』編集部内でもトップシークレットで真相を知る者は少ない」と言われています!

連載は、2003年12月から2006年5月の2年半でした。

そして、連載終了後、メディアミックス展開されます。

<映画>

  • 2006年6月17日公開、映画1作目
  • 2006年11月3日公開、映画2作目
  • 2008年2月9日公開、映画3作目(スピンオフ)
  • 2016年10月29日公開予定、映画4作目

 

<テレビドラマ>

2015年7月〜9月(日テレ)

 

<小説>

  • 2006年8月発行、『アナザーノート』(集英社)
  • 2014年5月発行、『L change the WorLd』(集英社)

 

<テレビアニメ>

  • 2006年10月〜翌年6月(日テレ、全37話)
  • 2007年8月、特別編1・2(日テレ)

スポンサーリンク

映画『デスノート』 見どころ

「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートするやいなや、衝撃的なストーリーが話題となった大人気コミックを実写映画化。

書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノート“デスノート”を所有する夜神月(ヤガミライト)の暗躍が描かれる。

監督は『あずみ2 Death or Love』の金子修介。

主人公・夜神月を『バトル・ロワイアル』の藤原竜也が演じる。

緊迫した展開が終始続く、サスペンスフルな世界観が見どころ。

 

映画『デスノート』 メインキャスト

夜神月 役:藤原竜也

キラの正体。

官僚を目指す優秀な大学生。

「DEATH NOTE」を拾ったことで自ら次々と罪人を罰していく。

 

L(竜崎) 役:松山ケンイチ

世界一の優秀な探偵。

推理力を駆使しキラを追い詰めていく。

 

リューク 声:中村獅童

デスノート 映画 動画 2006

死神。

夜神月が拾った「DEATH NOTE」の持ち主。

 

弥海砂 役:戸田恵梨香

アイドル。

死神の目を初めて使用した。

スポンサーリンク

視聴者の感想は?

 

映画『デスノート』を無料視聴する方法を一挙ご紹介!

お金を払ってDVDレンタルすれば、ドラマを視聴できるのは当たり前ですよね!

月に10本、20本と借りてしまうと、レンタル代もバカにならないのが現実です!

だからといって、無料動画サイトに手を出しては絶対にいけません!

なぜなら、無料動画サイトでのドラマ視聴は違法アップロードが多いんですよ!

もう知らなかったでは許されない状況になりつつあるのはご存知かと思います!

つまり、見逃しドラマの動画フルを視聴するなら、安全に視聴する時代がついに来たのです!

今絶賛オススメするのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!


しかも、今なら31日間無料トライアル期間中という事で、絶対にお得なのは間違いありません!

また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトでは最長となります!

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

だからこそ、お勧めできるわけです。

私は、31日間でU-NEXTにて、何本の映画やドラマが観れたと思いますか?

私は、ドラマを3作品ほど、第1話~最終話まで一気見しつつ、映画も何本か観てしまいました!

私的には、大満足でしたね!

利用者が言うのだから、間違いない動画配信サイトだと思います!

しかも、あまり知られていませんが、U-NEXTって雑誌読み放題って知っていました?

雑誌の種類もファッション誌・週刊誌・ビジネス誌など15ジャンルの最新号が読み放題なんです!

空いた時間にサクッとドラマ視聴し放題、サクッと雑誌も読み放題という事で、空いた時間を大満足にお過ごし頂けます!

それに、実は『U-NEXT』見逃しドラマだけじゃないんですよ!

昔にやってた結末が思い出せないドラマから、最新の見逃しドラマまで内容充実!

あらゆるテレビ局を網羅しているのがU-NEXTの特徴です!

つまり、

  • 小栗旬さん主演の『CRISIS(クライシス)』
  • 日曜劇場で話題の『小さな巨人』
  • 藤原達也さん主演の『リバース』
  • マンガでお馴染みの『恋がヘタでも生きてます』
  • 波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』

などの全ての見逃しに対応しているのです!

お客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

何よりこのキャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから!

無料キャンペーン期間中ですので、今のうちに登録をオススメ!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非無料登録する事をオススメします!

>>無料申し込みはこちら<<

 

利用者の口コミは?

>>無料申し込みはこちら<<

 

【閲覧注意】映画『デスノート』 あらすじ・ネタバレ

デスノートの掟

「デスノートは(名前を)書く人物の顔が頭に入っていないと効果が得られない。」

「ゆえに同姓同名の人物は死なない。」

その1、このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。

その2、名前を書いた後に人間界単位で40秒後に死因を書くとその通りになる。だが死因を書かなければ全てが心臓麻痺となる。

その3、死因を書くとさらに6分40秒、詳しい死の状況を記載する時間が与えられる。

 

キラ誕生

未来の警視総監を目指し司法試験にも合格する程の頭脳の持ち主である「夜神月」(ヤガミライト)は、ある日警察の極秘データシステムに不法に侵入し、法では裁き切れなく不起訴となっている凶悪犯達が沢山居る事を知るのである。

その事が本当なのか確かめる為に、一人の釈放された元殺人者の後を付けその殺人者が「誰も俺を裁けない」と法廷で見せた精神患者の様に振る舞う姿を見てライトは愕然するのだ。

正義感が強く法で世間の凶悪犯を裁こうと頑張って勉強していたライトは、その事への限界を感じていたのである。

そんな絶望感の中、雨に打たれながら歩いていると一冊の黒いノートが落ちているのに気が付き持ちかえるのだ。

そのノートには名前を書くだけで人を死に至らしめると記載されていた、バカらしく思いながらもライトは偶然テレビに映っていた指名手配犯の名前をノートにかくのだ。

翌朝のお新聞で、その犯人が心臓麻痺で死んだことを知り慌ててノートを読み返すのである。

そして法では裁き切れない凶悪犯や指名手配犯を、次から次へと「デスノート」により殺害していくライト、人々はライトを「キラ」と呼び、救世主と崇めるのである。

スポンサーリンク

死神デュークとの出会い

https://twitter.com/MovieExcellent/status/871207440443985920

そのノートの力を知ったライトは、デスノートが落ちていた場所へとやって来るとそこには見た事もない化け物が居たのである。

ライトに「気に入ったようだな」と声を掛ける主は、デスノートの落とし主「死神デューク」だった。

死神は「そのノートはお前が拾った時点で、お前のものだ」「ノートが要らなければ他の者に回せ、その時はデスノートに関するお前の記憶だけは消させて貰う」と告げるのである。

ライトは「ノートと引き換えに自分の命を貰うのか?」と聞くが、デュークは「何も要らない、しいて言えばそのノートを使った人間だけに訪れる苦悩や恐怖」だと言うのである。

そしてデュークの姿が見えるのは、そのデスノートに触れた者だけだと言ったのだ。

 

Lの存在

相次ぐ不審死に日本の警察は頭を悩ませていた、その不審死は海外にまで渡り増え続けていたのだ。

そこに登場したのが海外で難問事件を数々と解決へと導きいてきた「L」である。

「L」は最初の不審死が日本に集中していた事に目を付け、キラは日本に居ると予測したのだ。

「L」は自分の推理によると、この凶悪犯連続不審死は、ある一人の天才的な人間によって齎された卑劣な大量殺人だと言うのである。

しかし世界各国で起きている不審死を一人でやるのは無理だと警察は判断します、そこで「L」は「ある方法でキラ一人の犯行である事を証明します、楽しみにしていてください」と言うのだ。

そして「L」を中心に捜査本部が開かれ、本部長はライトの父である夜神総一郎となるのである。

 

Lとの直接対決

その夜「L」により、キラ臨時情報がTVで放送されるのだ。

そこに映し出されたのは「L」の替え玉で、その日付けで死刑になる予定の外国人だった。

「この放送はICPOから全世界特別同時生中継で放送されます」とアナウンサーは言うが、しかし本当は日本の一部の地域にしか放送されていなかったのである、もちろん「L」による仕業だ。

そしてTVに映し出された偽物の「L」は、わざとライトを挑発するような言葉を投げかけるのだ。

ついにライトはTVに移っている偽物の「L」の名前をデスノートに書き、殺害してしまうのである。

「L」が死んだと思っていた矢先、放送が切り替わり画面には「L」の文字が映し出され、本物の「L」がキラに話しかけてくるのだ。

「驚いたな、キラお前は直接手を下さずに人を殺せるのか?」と言う、そして「L」自身まだ生きている事を知るライトに追い打ちを賭ける様に、キラが関東地区に居る事まで言い当てるのである。

キラに対して「L」は「さぁ殺してみろ!」と言う、しかし姿が見えない「L」の事は殺す事が出来ないのだ。

すると「L」は「どうやら殺せない人間もいるようだな」と言い、「キラお前を必ず捕まえ全ての謎を解き明かし、そしてお前を死刑台に送ってやる。私が正義だ!」と言ったのである。

「僕を死刑台におくる?僕こそ正義だ!悪に怯える弱気ものを新世界の神だ!その神に逆らう者それこそが悪だ」とライトが呟くと「正義と言いつつ殺し合う人間って面白い」とデュークは笑い「この勝負見届けさせてもらうぜ」と言うのだ。

 

Lにより次々あばかれるキラの正体

「L」に恐れを覚えたライトは、捜査本部長である父親に「自分も捜査に協力させて欲しい」と頼むが、キラの恐怖から「お前を巻き込む事は出来ない」と断られてしまうのである。

その頃「L」は死亡推定時刻からキラが大学生である事を突き止めていた、その事を知ったライトは死亡推定時刻を事細かにデスノートに書き込み授業中でも人を殺しキラが大学生だという候補を消そうと試みるのだ。

しかしその事により「L」は、キラが死の時間を自由に操れる事を知り、また捜査本部の情報がキラに筒抜けになっている事から身内にキラがいる可能性が疑われ出したのだ。

その頃ライトは、「L」の指図によりFBIに尾行されていたのである。

デュークが「死神は人の死を貰って生きている、死神には人の名前と死亡する年数が見える」と言うのだ、「自分の残りの寿命を半分差し出せば、その能力が手に入る欲しくないか?」と言うが、ライトは自分の力で何とかしようとするのだ。

スポンサーリンク

本物のL

捜査本部長である夜神は捜査に加わっている署員にキラがどんな人間かを話、捜査から外れたい者は外れて良いと言い渡す。

そして残った人数はたったの6人であった、しかし「L」は「自分とワタリも入れて8人、それだけ要れば充分だ」と告げるが、署員達は姿も見せないで安全な場所に居る「L」を信用出来ないと反論するのだ。

そしてついに「L」は残った捜査本部の者達と会うのである。

「L」は署員が自己紹介するなり、「バンバンンバン」と銃で撃つふりをする、そして「私がキラなら皆さん死んでますよ、これからは不用意に名前を明かさない事です」「私の名前も竜崎と呼んでください」と告げるのである。

 

マークされるライト

ライトは自分の正体がばれない様にするのに必死だった、デスノートに詳細に死亡事項を記入し、デスノートの力がどれ程のものか確かめるのである。

それはライトを着け回しているFBIの存在を消すための方法を考え出す為のものだったのだ。

デスノートを巧みに操りライトを着け回しているFBIとその仲間とリーダーを殺害するのである。

しかしライトを尾行していたFBIのレイの婚約者で、元FBIのナオミだけは尚もしつこくライトの事を疑うのである。

また盗聴器や隠しカメラを備え付けられ、家の中まで監視されるライトだが、デュークと共謀しカメラの死角を探し出し、ポテトチップスに小型テレビとデスノートの切れ端と鉛筆を忍ばせ、勉強をしているフリをして隠しカメラの目の前でテレビで放送されていた凶暴犯を殺害してみせるのである。

そして疑いの晴れたライトは、自由の身になるのだ。

 

最後の決戦Lそしてミサ

レイの婚約者ナオミはライトの恋人の詩織を使って、しつこくライトを追い詰めるのだ。

だがライトはデスノートを使い、全て筋書き通りの方法でナオミ、そして詩織までも犠牲にしてしまうのである。

何故なら詩織を犠牲にした事により、彼女を殺された悲しい彼氏を演じ「キラに復讐したいと捜査本部に入れて欲しい」と父である総一郎に頼むためであったのだ。

そしてついに本物の「L」と遭遇するのである。その頃アイドルのミサは、以前からストーカーされていたADに「一緒に死のう」と殺されかけていた。

叫び助けを呼ぶミサ、その時ADは心臓発作を起こし死亡してしまうのだ。そしてミサの前に黒いノートが降ってくるのである。

 

まとめ

 

本記事では、2006年に放映された映画『デスノート』前編のあらすじと、映画『デスノート』の動画の無料視聴方法をご紹介致します!

前編では、主人公がキラになる場面から描かれていますので、コミックやドラマでデスノートをご覧になったことない方でも、楽しめる映画です。

私はコミックの実写版に少し抵抗がありますが、いざ視聴してみると問題なく楽しめました♪

それでは、2006年放映の映画『デスノート』の情報と、動画の無料視聴のお得な情報をご紹介致します!

Pocket