『陸王』 ネタバレ・あらすじ1話!竹内涼真の演技に注目!

陸王 ネタバレ あらすじ 1話
Pocket

10月15日放送の新ドラマ『陸王』第1話のあらすじをネタバレでご紹介します!

さらに、視聴した方々の感想も一挙お届けしちゃいます!

第1話からドラマ『陸王』面白かったですね~!

序盤から涙のシーンもあり、力の入るシーンもあり、イライラするシーンもあり・・・

見入ってしまいアッという間に終わりの時刻を迎えました!w

1話を最後まで見た方は、早く第2話を見たい!と思っているのではないでしょうか?

見る事が出来なかった方や、どんなドラマか詳しくしりたい方にも伝わりやすいよう、第1話の全容をネタバレでご紹介します!

もし興味を持たれた方は、是非動画の方で第1話を楽しんでみてくださいね♪

では早速ご紹介していきます!

>>『陸王』動画1話を無料youtubeより確実に観れる方法を限定公開!<<

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』第1話の基本情報

  • 原作:池井戸潤「陸王」( 集英社 刊 )
  • 脚本:八津弘幸
  • プロデューサー:伊與田英徳、飯田和孝、川嶋龍太郎
  • 演出:福澤克雄、田中健太
  • 陸上総監督:原 晋( 青山学院大学陸上競技部 長距離ブロック監督 )
  • 陸上協力:青山学院大学陸上競技部
  • トレーニング協力:スポーツモチベーション
  • 足袋協力:きねや足袋
  • 協力:埼玉県行田市
  • 製作著作:TBS

10月15日に放送された第1話は2時間スペシャルと内容盛りだくさんで放送されました。

原作の小説『陸王』の評価がとても高く、“面白くて最後まで一気に読んでしまった!”という感想がたくさん上がっています!

ドラマにもたくさんの注目が集まっていますね♪

 

試写会の会場ではすすり泣きの嵐!

第1話の放送に先駆け、女性を集め行われた試写会では、クライマックスからエンディングにかけて、会場はすすり泣きの嵐!

200名の女性客だけでなく、すれっからしだらけの記者席でもあちこちで涙を拭く姿が見られたようです。

誰かが死ぬわけでもなければ、難病になるわけでも、辛い別れをするわけでもないのになぜ泣けるのでしょう・・・?

老人だらけの吹けば飛ぶような地方企業が奮闘努力し、巨大なグローバル企業に挑戦するが、当然ながら一筋縄ではいかない。

そのためには何が必要なのか。何を変えなければいけないのか。何を守らなければいけないのか。

誰もが自分ごとのように思えるから、涙も出るし、元気も出る。

そんな魅力が『陸王』にはあるようです!

スポンサーリンク

ドラマ『陸王』第1話出演キャスト

  • 宮沢紘一:役所広司
  • 宮沢大地:山崎賢人
  • 茂木裕人:竹内涼真
  • 飯山晴之:寺尾聰
  • 宮沢 茜:上白石萌音
  • 坂本太郎:風間俊介
  • 城戸明宏:音尾琢真
  • 平瀬孝夫:和田正人
  • 毛塚直之:佐野 岳
  • 大橋 浩:馬場 徹
  • 安田利充:内村 遥
  • 江幡晃平:天野義久
  • 仲下美咲:吉谷彩子
  • 水原米子:春やすこ
  • 橋井美子:上村依子
  • 西井冨久子:正司照枝
  • 立原隼人:宇野けんたろう
  • 加瀬尚之:前原 滉
  • 内藤久雄:花沢将人
  • 川井:佐藤俊彦
  • 水木:石井貴就
  • 端井:安藤勇雅
  • 吉田:山本涼介
  • 正岡あけみ:阿川佐和子
  • 佐山淳司:小籔千豊
  • 家長 亨:桂 雀々
  • 富島玄三:志賀廣太郎
  • 有村 融:光石 研
  • 宮沢美枝子:檀 ふみ
  • 飯山素子:キムラ緑子
  • 村野尊彦:市川右團次
  • 小原賢治:ピエール瀧

 

相関図

陸王 ネタバレ あらすじ 1話

出典:https://news.walkerplus.com/article/123845/

 

主演はベテラン俳優!役所広司さん!

 

役所広司さんが連ドラの主演を務められるのは15年ぶりになります。

毎日CMなどで見かけているからか、久しぶりという気はしませんよねw

しかし第1話から、役所広司さんの演技力に魅せられるシーンはたくさんありました!

中小企業の社長が奮闘する姿を演じる役所広司さんにも注目です!

 

ドラマ『陸王』第1話のあらすじとネタバレ

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。

その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。

そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。

なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされる。

突飛な話だったためその場は軽く応えた宮沢だったが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃く。

それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発だった。

早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘う。

学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンだ。

宮沢は息子の大地(山﨑賢人)とともに豊橋へ向かった。

 

ミシンの故障、会社の不況

ミシンが壊れた。納期を伸ばせないかと頼むが、お客様がどうしても期限に足袋が必要だと。

特殊なミシンで部品がないから、すぐに修理するのは難しい。

富島玄三専務が、信用問題だと頭を悩ませる。

同業で、すでに倒産してしまった三重の工場に、宮沢紘一がミシンが残っていないか急いで見に行った。

しかし、ミシンはない。

しかし廃棄ゴミの山の中に、ミシンがあった。

ミシンを大慌てで積み込み、埼玉県行田市のこはぜ屋に戻る。

従業員は20名。

急いだが出荷には間に合わなかった。

損失をどうカバーするか?

埼玉中央銀行に、融資をお願いに行く、紘一と富島玄三。

坂本太郎:10年、15年後、今と同じ売り上げはできますか?新規事業、考えてみませんか?こはぜ屋ならではの何かが必ずあるはずです。

そんな中、検針漏れが起こる。息子・宮沢大地の仕事の失敗。

宮沢紘一:そんなんだから、内定の一つももらえないんじゃないんか

さらに大徳デパートの担当か足袋の仕入れを3割減らすと言われる。

販売フロア自体の縮小によるものだった。

宮沢紘一は、倒産の機器を感じていた。

スニーカーを娘の宮沢茜に買って来てと、頼まれていたのを思い出し靴屋へ。

アトランティスのシューズを買った。

そこで、ビブラム社の5本指のシューズを見かけ、店員からとても人気だと聞かされる。

 

ランニング用の足袋の開発へ

 

5本指のマラソンシューズからヒントを得て、埼玉銀行の坂本に、ランニングシューズを作ることを提案すると、いいアイデアだと。

マラソン足袋というものがある。

富島玄三は、先代の時にすでに試したが、失敗したと聞かせる。

アトランティスのシューフィッター村野が、茂木弘人のコンディションを心配しているところに、ライバルである毛塚にも、アトランティスの靴を提供すると、小原賢治が話す。

村野は、茂木を休ませたほうがいいと考えている。

しかし、営業の佐山は、靴の宣伝のために走らせないとと。

 

坂本は、こはぜ屋の新規事業を提案するが、上司の融資課長は否定する。

大地はが帰宅すると、紘一から何の面接を受けてきたのかと問われる。

大地:営業職。この際就職できればなんでもいい

紘一:お前は、本当は何をやりたいんだ?

大地:いいだろ、別に。

そのやり取りを見ていた妻は、跡を継ぎたいと考えているのかもと紘一に伝えるが、継げるわけがないと取り合う様子はない。

坂本が、紘一に、ランニングインストラクターの有村融を紹介する。

ランニングが流行っているが、フォームの悪さが原因で怪我をする人が増えているといい、フォームについて説明。

かかとからの着地ではなく、足の中央を使うと良い。ミッドフット着地。

ホモ・サピエンスは、長距離を走れた。かつての人間の進化の話をする。

底の薄いシューズで、この走法は、習得できる。

紘一:安直に考えていた自分が恥ずかしいです。

有村に、豊橋国際マラソン選手権を見に行こうと誘われる。

そして、大地も一緒に行かないかと誘う。

マラソン大会当日
毛塚と茂木は、箱根駅伝で共に活躍したライバル同士だった。

 

ライバル対決、茂木の怪我

レーススタート!20キロ地点。茂木と毛塚が、日本人争い。

30キロ、かなり飛ばしている。

アフリカ選手は、ミッドフット着地。日本人は、違う。

35キロ地点。毛塚が前に出た。茂木が追いつく。

茂木を応援する大地を見た紘一はファンなのか?と質問する。

すると大地は茂木の過去について話始める。

大地:何かで読んだ。茂木は、野球で肘が壊れて、マラソンに転向した。野球はできなくなった、でもまだ走れると。

大地は、怪我で、サッカーをやめたから、茂木を応援したくなる。

40キロ地点

茂木がスパートする。毛塚が遅れる。が、追いついてくる。

茂木が、1位に並び、1人前に出た時。

足の激痛に襲われそのまま倒れこむ。

何とか立ち上がろうとするが、走りだす事ができない。

監督に止めろと。止められる。

茂木は、まだ走れる、まだ走れると。

毛塚は、2位

大地:どんだけ努力したって、できないことってあるんだよな。

紘一:父さん、ランニングシューズ作ってみようと思う。やってみようと思う。

スポンサーリンク

マラソン足袋、周囲の反対

開発費は、最低でも、5000万円かかる。

先代も開発しようとしたと、富島玄三に言われるが、

紘一:将来のことを考えたら、古い物を守るために、古いことをやってちゃダメなんじゃないかと思うんだ。

コンセプトを決めようという話になると紘一はすでに決まっているという。

怪我をしにくい靴、裸足感覚の靴を作ろうと考え出す。

そして、名前は、これから考える。

そして、試作品第一号が完成する。

紘一が試しに走ってみる。

坂本は、家長支店長に、融資を頼むが、難しいと。

坂本は、食い下がる。

もう一度検討してみると言うが、そんなつもりは毛頭ない様子。

紘一は、試作品のランニングシューズは、まだまだだとわかる。

大地を誘うが、そんな暇はない、足袋屋にランニングシューズなんてできるわけないと怒鳴られる。

試作品の改良をどうするか、相談するが今のままでは到底走れないという結論に。

デザインからのやり直し。しかしフィット感はよかったという収穫も。

残業で、連日、ランニングシューズを開発。開発や、試作品作成で、苦労した。失敗した試作品は、200を超えた。

2ヶ月後。

試作品 第二号

有村が、これならいいと。

しかし、ソールの耐久性が足りないと。

既製品であれば大会用で400キロ、練習用で700キロは走れるように作られているが、マラソン足袋は300キロが限界だという。

矯正用として売れるかもしれないと、有村は案を出した。

実績を作るために、茂木選手に履いてみてもらおうとダイワ食品に提案に行く。

監督に、茂木を実験台にしようとするのかと言われるが、強引に茂木に渡してくれと。

茂木は、フォームを変える練習をする。

シューズも変えることになるかも。

開発費がかかっている。

茂木に宛てたマラソン足袋は履かれる事なく、営業の人達の間で却下されそのままゴミ箱へ。

正岡あけみが、みんな疲れていて大変だと、紘一に伝える。

紘一:銀行の追加融資が決まったら、真っ先に払うから。

しかし、銀行では、融資ができないという話になっていた。

試作品はできているから、見て欲しいと頼むが、これまでこはぜ屋の事は銀行が支えてきたと、大橋課長は言う。

再建案として、人員整理を提案しろと。2人リストラをすれば、年間1000万円ぐらい、浮かせられるからと。

富島玄三は、リストラするなら、自分をまず切ってくれと。

地道に足袋を作っていけるように。

仲下美咲に、この話を聞かれる。

坂本が、支店長に、融資を頼むが、支店長は転勤の内示が出ると思うと。

 

リストラ、紘一の決断は?

紘一は、リストラしたくないと言うが。

紘一:すまない。俺が、不甲斐ないばっかりに。リストラなんかしないで、生き残る方法を考えるから。

有村の知り合いの学校に興味を持ってもらった。生徒が1800人ぐらいいる。

マラソン足袋を使ってもらえるかをかけたコンペに挑むことになる。

昔、親父が、従業員を切ったことがある。

紘一:一番きつかったのは、親父だったかもしれないね。

正岡あけみ:私たち、いつも社長の思いを形にしているだけだから。コンペもそれを伝えればいいんじゃないかしら。

コンペ当日

たくさんの保護者の前で、紘一が伝える。

紘一:足袋の構造が、怪我を防ぐことに役立つことがある。まだ存在意義があるんだと、嬉しかったです。

大地は、就職面接をしている。が、うまく行かない

紘一:形を変えることで、新しく生まれ変わることができる。継承していって欲しいなあと。これは、日本人が履くべきシューズです。この国の未来を担う、多くの子供達に履いてもらいたいと、今日はやって参りました。

そのあとに、アトランティスがコンペの相手。

コンペの結果は、見送り。

理由は、過去に使用例がないからと。

アトランティスが提示してきた価格は、こはぜ屋の倍以上だった。

坂本に、コンペがダメだったと、紘一が伝える。

坂本は、転勤すると。

坂本:これから大事な時なのに、すみません。

紘一:坂本さんが謝る必要はないよ。

坂本:明日、ご挨拶に。支店長が聞きたいと、リストラするのか、それともマラソン足袋の開発を続けるのか。マラソン足袋の開発は、こはぜ屋さんに必要なことです。どうか諦めずにチャレンジしてください。

紘一と大地

大地:俺、いつでも辞めるから。リストラすんだろ、だったら最初に俺切れよ。もうやめようかと思ってたから、ちょうどいい。

紘一は、マラソン足袋を履いて、ランニングに出かける。

シューズのネーミングのホワイトボードを消す、紘一。

茜が、マラソン足袋を履く。ぶかぶかだと。

茜:お兄ちゃんね、お父さんの作る足袋大好きだったんだよ。お兄ちゃんに作ってあげなよ、マラソン足袋。

そこに、正岡あけみが来て、坂本の転勤は、こはぜ屋が原因であることを打ち明ける。

倉庫から、安田が何かを見つけ、箱を持って来た。

それを見た紘一は驚いた顔に。

坂本が、大橋課長と、こはぜ屋にやって来る。

新製品をと、たき付けた事は間違いだったと大橋が坂本に頭を下げさせる。

大橋は、再建案を返答をと、紘一に迫った。

紘一:残された時間の中で、何か始めなければならない。私は、マラソン足袋の開発を続けます。坂本さんは、気づかせてくれました。ビジネスとして真剣に考えて、手を貸していただきました。同士だと考えています。その同士をバカにするのはやめていただきたい。

と、先代が作った、失敗作を見せる。

これは、タスキだと。常に挑戦しようとしていた。

紘一:だから、そう簡単にリタイヤするわけには行かないんです。誰か一人欠けても、ゴールすることはできないんです。

大橋:それはあなたの勝手だ。従業員がどう思うか・・・

廊下で一部始終を聞いていた従業員たち。

安田はおもむろに室内へ入り、マラソン足袋の新しい生地について相談したいと言った。

廊下にいた人は全員賛成の拍手。

正岡あけみは、サボっていないで、マラソン足袋の試作品を作ろうと声をかける。

紘一:大橋さん、うちの足袋を履いたことがないあなたに、うちの何がわかりますか。そんな銀行員にうちの未来をどうこう言えるのですか。支店長にお伝えください。

大橋が帰ったあと、紘一が従業員にありがとうと頭を下げる。

そして、シューズの名前を決めたと。

名前は「陸王」。

茂木のもとに、ようやく、「陸王」が届く。

掃除の人がゴミを回収した時に見つけたと渡してくれたそう。

紘一:どこに行ったって、坂本さんは、同士だから。

坂本:そういえば・・・

ソールの素材に使えるのではと、坂本が、「シルクレイ」という素材の資料を見せた。

その「シルクレイ」はある男が、特許を持っている、と。

 

ドラマ『陸王』第1話を視聴した感想は?

>>『陸王』動画1話を無料youtubeより確実に観れる方法を限定公開!<<

 

ドラマ『陸王』気になる第2話のあらすじは?

陸王 ネタバレ あらすじ 1話

出典:http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/story/

「こはぜ屋」存続のために取引先銀行から勧められた提言を振り切り、「陸王」開発の覚悟を決めた宮沢(役所広司)。

しかし、開発への道のりは遠く険しいものだった。

目下、いちばんの懸案事項となっているのは、靴底のソール部分だ。

試作で採用された生ゴムのソールでは、ランニングシューで求められる耐久性は望めなかった。

そこで従来の素材に見切りをつけた宮沢は、以前、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」を思い出す。

ソールの素材としても期待のできる有望なものだと、ランニングインストラクターの有村(光石研)から太鼓判を押されたシルクレイだが、その特許を持つのは飯山(寺尾聰)という人物だ。

飯山は2年前に自社を倒産させてしまい、それから消息不明だったのだが、坂本の助けもあり宮沢は飯山と会えることに。しかし、飯山は……。

スポンサーリンク

見どころは?

 

ベテラン俳優2人の共演

第2話から寺尾聰さんが出演されます!

マラソン足袋にとって大事な部分となる靴底に使えそうな素材「シルクレイ」の特許を持っている方のようですね。

完璧なマラソン足袋を作る事が「こはぜ屋」の未来を左右する状況の中、シルクレイを使わせてもらえるかどうかが大きな分岐になりそうです!

ドラマの内容はもちろん、寺尾さんと役所さんというベテラン俳優2人の熱の入った演技にも注目です!

 

竹内涼真さん演じる茂木の怪我

第2話の予告では、竹内さん演じる茂木が怪我で苦しんでいる状況が映っていました。

野球を肩の怪我で挫折している茂木・・・

マラソンしかないのに、そんなぶつけようのない苦しみとやるせなさを抱えているようです。

次週どんな展開が待っているのでしょうか?

そして「こはぜ屋」が作った「陸王」を履くことはあるのでしょうか?

 

ドラマ大好評よりドラマ『陸王』U-NEXTにて動画配信決定!

ドラマ『陸王』が今すぐ見られるお得情報を公開していきます。

  • ドラマ『陸王』を見直したい!
  • ドラマ『陸王』を見逃した!

という方は、動画視聴できる場所を探しているのではないでしょうか?

しかし、ドラマを観るなら今すぐ観たいですよね。

私も消費者の1人なので、当然同じ気持ちです。

そんな経緯で今回ご紹介させて頂くのが!

日本最大級の動画配信サービス『U-NEXT』という動画見放題サービスになります。

しかも、今なら31日間無料トライアル期間中という事で、絶対にお得なのは間違いありません!

また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトでは最長となります。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

しかも、現在、U-NEXTでは前作の『コウノドリ』や『コウノドリ2017』も視聴可能となっております。

コウノドリ 続編 2017 動画 1話 無料 youtube

また、大好評ドラマ『ドクターX』も第1シリーズから視聴可能となっています。

『ドクターX 2017』第1話の動画をdailymotionより確実に無料視聴する方法をお届け!

この機会に第1シリーズからの見直しなんかしてみてはいかがでしょうか。

しかも、昔にやってた結末が思い出せないドラマから、最新の見逃しドラマまで内容充実のコンテンツとなっています。

あらゆるテレビ局を網羅しているのがU-NEXTの特徴です!

つまり、

2017年春ドラマ

  • 小栗旬さん主演の『CRISIS(クライシス)』
  • 日曜劇場で話題の『小さな巨人』
  • 藤原達也さん主演の『リバース』
  • マンガでお馴染みの『恋がヘタでも生きてます』
  • 波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』
  • 沢尻エリカ主演ヒューマンドラマ『母になる』

2017年夏ドラマ

  • 渡辺直美さん主演のドラマ『カンナさーん!』
  • 火9でお馴染みの『僕たちがやりました』
  • 秋元康企画の福士蒼汰主演の『愛してたって、秘密はある。』
  • 瑛太主演の金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』
  • 韓国ドラマリメイクドラマ日曜劇場『ごめん、愛してる』
  • 高畑充希主演の『過保護のカホコ』
  • SFヒューマンドラマ『脳にスマホが埋められた』

などの全ての見逃しに対応しているのです!

お客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトです!

何よりこのキャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ!

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非無料登録する事をオススメします!

>>31日間無料お試しをしてみる<<

 

利用者の口コミは?

>>ドラマ『陸王』を視聴する<<

 

まとめ

今回はドラマ『陸王』の第1話の全容をネタバレでご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ドラマ『陸王』はとても魅力的なドラマでした!

役所さんはもちろん、若手俳優の山崎さん、竹内さんの熱演、脇を固めるベテラン俳優・女優陣の力の入った演技に魅せられました。

第1話から泣くことになるとは思ってもいませんでした・・・w

しかし、感動はもちろん元気ももらえるような内容となっていました!

次週以降の放送も楽しみで1週間待ち遠しく感じますね!これからの展開からも目が離せません!

無料で見逃し配信が視聴できる公式動画配信サービスもありますので、見逃してしまった方は是非一度お試しくださいね♪

最後までご覧いただきありがとうございました!

また、本ページの情報はH30年2月時点のものになりますので、ドラマ視聴をしたい方は最新の配信状況を動画配信サイトにてご確認して下さい!
スポンサーリンク
Pocket