【明日の約束】原作ネタバレ!衝撃の事件とはいかに?

明日の約束 原作 事件
Pocket

現在放送中の人気ドラマ『明日の約束』の原作で書かれている、ある事件とは?

今回は、『明日の約束』の原作についてネタバレで詳しくご紹介します!

火曜9時からの火曜ドラマ枠で放送されている『明日の約束』。

男子生徒の謎の自殺や、毒親との向き合い方などテーマがたくさんあり、目が離せない展開となっていますね。

井上真央さんの2年ぶりの連ドラ復帰作という事でも注目を集めていますが、皆さんは『明日の約束』の原作をご存知ですか?

実は、ある事件を書いたノンフィクション小説がモデルになっているんです。

今回はまだドラマでは放送されていないストーリーについてもネタバレでご紹介したいと思います!

最後までお楽しみくださいね~!

>>『明日の約束』動画1話をyoutube以外で無料で観れるお得情報は?<<

ドラマ『明日の約束』はどんなドラマ?

 

制作スタッフ

  • 放送日時:毎週(火)21時〜
  • 放送局:フジテレビ
  • 原作(ベース):福田ますみ『モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い』(新潮社)
  • 脚本:古家和尚『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、『幽かな彼女』、『任侠ヘルパー』
  • 主題歌:『Reboot』東方神起
  • 演出:土方政人(共同テレビ)『謎解きはディナーのあとで』『大貧乏』『ゴーストライター』、小林義則(共同テレビ)『アンフェア』『ギルティ 悪魔と契約した女』
  • 音楽:眞鍋昭大『大貧乏』『君に捧げるエンブレム』『HOPE~期待ゼロの新入社員~』
  • プロデューサー: 河西秀幸(カンテレ)『嘘の戦争』『銭の戦争』『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』、山崎淳子(共同テレビ)『デート~恋とはどんなものかしら~』『リーガルハイ』
  • 制作協力:共同テレビ
  • 制作著作:関西テレビ放送

 

相関図

明日の約束 原作 事件

出典:http://tetsutyler-durden.hatenablog.com/entry/2017/10/17/003323

 

出演キャスト一覧

  • 藍沢 日向(あいざわ ひなた):井上真央
  • 吉岡 真紀子(よしおか まきこ):仲間由紀恵
  • 霧島 直樹(きりしま なおき):及川光博
  • 本庄 和彦(ほんじょう かずひこ):工藤阿須加
  • 吉岡 圭吾(よしおか けいご):遠藤健慎
  • 北見 雄二郎(きたみ ゆうじろう):白洲迅
  • 大宮 奈緒(おおみや なお):新川優愛
  • 藍沢 尚子(あいざわ なおこ):手塚理美
  • 小嶋 修平(こじま しゅうへい):青柳翔
  • 白井 香澄(しらい かすみ):佐久間由衣

スポンサーリンク

『明日の約束』原作についてご紹介!

明日の約束 原作 事件

出典:http://goddy-layout.com/asitano-yakusoku-gensaku/

原作は『モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ殺人事件」教師たちの戦い』というノンフィクションの小説となっています。

こちらの小説は、ノンフィクションということで、実際に丸子実業高校のバレー部で起きたいじめの殺人事件の内容が題材となったもの。

ただ、この事件は非常に奥が深い事件で、まるでサスペンスの小説を読んでいるかのような内容です。

読み進めていくと恐怖すら感じる場面も・・・

ちなみに!

明日の約束 原作 事件

出典:http://goddy-layout.com/asitano-yakusoku-gensaku/

明日の約束 原作 事件

出典:http://goddy-layout.com/asitano-yakusoku-gensaku/

ドラマ『明日の約束』と同名の小説もあります。が、全く無関係の別物の作品となりますのでご注意ください!

 

作者・福田ますみさんをご紹介!

明日の約束 原作 事件

出典:https://www.amazon.co.jp

福田ますみ:昭和31年5月5日、神奈川県横浜市生まれのノンフィクション作家です。

立教大学の社会学部を卒業。専門誌、編集プロダクション勤務をされた後フリーライターになられました。

犯罪、ロシアなどをテーマに取材をするなど世界各国でいろんな分野の取材を行うジャーナリストでもあります。

雑誌では「正論」や「新潮45」などの記事を手掛け、単行本もいくつか執筆されています。

代表作

  • 「でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相」 新潮社
  • 「されど我、処刑を望まず―死刑廃止を訴える被害者の兄」 現代書館
  • 「スターリン~家族の肖像」 文藝春秋
  • 「モンスターマザー~長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い~」 新潮社
  • 「暗殺国家ロシア~消されたジャーナリストを追う~」 新潮社

上記作品では様々な賞を受賞されています。

女性がここまでの情熱を持ってロシア国家やいじめ問題について取材を重ね臆することなく記事を書いて問題提起をする勇気を持っているというのは本当にすごい事だと思います。

同時に報道する側のあり方にまで疑問を投げかける今回の作品は自分の立場をも見つめ直す強さを持っている彼女だからこそなんだと思いました。

 

『明日の約束』の元になった“丸子実業事件の概要”とは?

2005年長野県にある丸子実業高校に通う1年生、高山裕太くんが自宅部屋にて自ら命を絶った。

裕太くんは、声がだしにくいといった症状を抱えており、それを所属していたバレーボール部の上級生が真似し、ハンガーで裕太君を叩き暴行を加えるといったいじめがあったと母親は主張。

さらに、いじめが原因で不登校気味になった裕太君に、このままだと2年生に上がることが難しいかもしれないと校長が裕太君を精神的に追いつめたという。

これを原因に裕太君は自ら命を絶ったとして、母親は校長を殺人罪、名誉毀損罪で訴訟を起こし、さらにバレーボール部の上級生家族にも損害賠償を求める民事訴訟を起こした。

訴えられた校長、上級生家族側はいじめはなかったと徹底的に争う姿勢を見せた。こうして、前代未聞の訴訟合戦に発展していく。

 

舞台となった“丸子実業高校”とは?

長野県丸子町(現・上田市)にある公立高校です。

長野県丸子実業高等学校は現在、“長野県丸子修学館高等学校”に改名されています。

今回問題になったバレー部以外にも、野球部も盛んで、かつては何度も甲子園に出場していたようです。

それが不名誉な形で全国に名が知れ渡ってしまう結果に。

しかし、長らく「実高」または「丸実」の略称で知られた高校でしたが、現在の略称は「丸子」「丸高」「丸修」。

新しい時代へと進んでいると言えますね。

スポンサーリンク

『明日の約束』原作の内容をネタバレでご紹介!

この作品は、単にいじめやモンスターペアレントを取り上げた作品、という事ではなく、妄信、偏向報道は人の人生を狂わせてしまう重罪であることを訴えています。

 

いじめを苦に、男子高校生が自殺?

 

2005年12月6日、丸子実業高校1年の高山裕太君が自殺した。

裕太君の母親・さおりは、裕太君の異変に気付き、救急車を呼ぶ13分前に…新聞社などに「息子が自殺したのは部活内でのいじめが原因、学校の責任」といった内容のメールを送り付けていた。

その後、救急車を呼び、裕太君は搬送先の病院で死亡が確認される。

救急車を呼ぶ13分前にマスコミ各社にメール…。裕太君が自殺しようとしていたとき、母親は起きていたということですね。

まるで裕太君がいなくなることを予測しているかのような行動。用意周到な行動に、母親として逸脱した何かを感じます。

 

母親がマスコミを味方につけ攻撃!

裕太君が自殺した翌日12月7日、マスコミによってこの事件が全国に知れ渡ることに。

裕太君の母親はマスコミの前で、涙ながらに訴える。その姿を鵜呑みにし、マスコミは学校を悪だと報道。

丸子実業高校の校長が記者会見で見せたある表情が「ニヤけている」「自殺者を冒とくしている」と話題になり、学校側は日本中から責められることになってしまう…。

校長は決してニヤけていたのではなく、癖でそういう表情になっていたのだ。さおりの証言だけを盲信し、さおり側を被害者だと断定したマスコミは、校長の全人格を否定したのだ。

前後を省略した報道は、今現在も多いですよね。ある部分だけを切り取って、視聴者を洗脳するような報道が多すぎる…。

よくよく調べていくと、全く違う真実が浮き彫りに。情報は鵜呑みにするのではなく、多角的に見る能力が必要ですね!

 

真の加害者はまさかの…

マスコミ、弁護士を味方につけ、日本一不幸な母親面していたさおりだが…。学校側が反撃開始。

裕太君が所属していたバレーボール部員たちも非難を受けることになり、学校側と一致団結してさおりと闘うことに。

さおりは事実を捻じ曲げる虚言壁があり、裕太君が自殺する前から、たびたび部員たちに暴言を浴びせていたことが発覚。

そして実の息子、裕太君にもネグレクトの疑いが。裕太君は幼い頃から、さおりから「死ね」などの暴言を吐かれたり、食事や入浴を十分に与えられなかったのだ。

そして裕太君が成長すると家事や雑用を押し付け、裕太君を精神的にも肉体的にも苦しめていたのだ。

裕太君の自殺の真相はいじめではなく、母親にあった。裕太君の遺書には「お母さんがねたので死にます」と書いてあった。

だが、その地方の方言などを調べると「お母さんがいやなので死にます」という意味になることがわかった。

事実を平気で捻じ曲げる人間と裁判で争うということは、相当なストレスだと察します。

学校側、そしてバレーボール部員たちも、心ない言葉を世間から浴びせられ、想像を絶する日々だったと思います。

裕太君にとって死を選択することが、母親への最後の抵抗だったのでしょうか。一生忘れてはならない事件の一つだと思います。

 

マスコミが世間に残した残酷な記憶

2009年3月6日、県、校長、バレー部が勝訴、2011年1月14日、校長、勝訴。

さおり、弁護士は控訴するが、さおりが控訴を取り下げたり、控訴棄却、上告棄却で判決が確定。一連の裁判が終了する。

驚いたことに、裕太君の母親さおりは、学校側との裁判時に、元夫との離婚裁判で敗訴し、慰謝料を支払うよう判決が出ていたのだ。

裕太君だけでなく、元夫にたいしても暴行、暴言で苦しめていたさおり。

学校側は、この裁判の内容を記録し、「裕太君の自殺は部活内でのいじめが原因ではない」という主張を裏付ける証拠として提出したのです。

裁判は学校側が勝訴した。だが、さおりは、学校側に一銭も慰謝料を払っていない。さおりと弁護士はいまだに、学校側への謝罪広告を新聞に掲載していないのだ。

勝訴で終わっても、学校関係者の心の中には消えることのない大きな傷跡が残り、世間の記憶には大きな爪痕が残っている。

マスコミが日本中に衝撃的な変更報道をしたことで、人々の記憶には「丸子実業はいじめ自殺の学校」として残っている。

他の事件もそうだが、裁判で勝訴し、真実が明らかになっても、判決の内容をマスコミが報じることは少ない。

結局、一部の人々にしか真実は伝わらず、大多数の人の記憶には間違った情報が刻まれたまま…。

丸子実業の「いじめ自殺事件」裁判は、偏った報道が、多くの人々の人生を狂わせてしまう、そして癒えることのない傷を残してしまうことを今もなお訴え続けている。

この本を読んで、多角的に見る重要性を感じました。人物も物事もそう。

人はある一面だけを見て、それがすべてだと思いがち。なぜなら調べたり考える必要がなく、楽だから。

見えない部分を見ようとする姿勢は、優しさにつながり、公平な判断をする客観性をも養うと思います。

誰でもモンスターになりうる可能性がある、これは忘れてはなりませんね・・・

 

ドラマ『明日の約束』脚本を担当するのは?

ドラマ『明日の約束』の脚本を担当されるのは、脚本家・古家和尚さんです!

2006年脚本家デビュー。翌2007年には映画化もされた人気ドラマ「LIAR GAME」の脚本を手がけ、ヒット作を生み続ける、テレビドラマを中心に活躍する脚本家です。

2015年6月からは日本シナリオ作家協会の役員を務められています。

 

過去に担当された作品

  • 「ガリレオ」
  • 「メイちゃんの執事」
  • 「任侠ヘルパー」
  • 「幽かな彼女」
  • 「S -最後の警官-」
  • 「ウロボロス~この愛こそ、正義。」
  • 「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」

 

ドラマ『明日の約束』と原作の異なる点は?

 

スクールカウンセラーは存在しなかった?

主演・井上真央さん演じるのは、自殺してしまう男子生徒が通っていた高校のスクールカウンセラー。

しかし、原作では女性教師は登場するものの、スクールカウンセラーは登場しないようです。

そして、自殺する前日の告白、というエピソードもありませんでした。

これは脚本家・古家さんが考えた設定なのでしょうか?

 

毒親の言動

自殺してしまった男子生徒の母親役をドラマでは仲間由紀恵さんが演じていますね。

しかし、ここまでドラマを見ている限り、自殺する前にメールをマスコミに送っていたような描写はありませんでした。

ジャーナリストこそ巻き込んで進展させていくものの、そのジャーナリストも今の段階では味方になっているとも言えないですよね。

これから先の展開で原作に近づいていくのか、ドラマ『明日の約束』としてストーリーが展開されていくのかはわかりませんが、どちらにしても原作を知っていても楽しめる内容になっていますね!

スポンサーリンク

『明日の約束』原作を読んだ人やドラマ視聴者の感想は?

 

ドラマ大好評により『明日の約束』がU-NEXTにて動画配信決定!

ドラマ『明日の約束』が今すぐ見られるお得情報を公開していきます。

  • ドラマ『明日の約束』を最終回までに第1話から見直したい!
  • ドラマ『明日の約束』を仕事なので見逃した!

という方は、動画視聴できる場所を探しているのではないでしょうか?

しかし、ドラマを観るなら今すぐ観たいですよね。

私も消費者の1人なので、当然同じ気持ちです。

そんな経緯で今回ご紹介させて頂くのが!

日本最大級の動画配信サービス『U-NEXT』という動画見放題サービスになります。

しかも、今なら31日間無料トライアル期間中という事で、絶対にお得なのは間違いありません!

また、31日間無料トライアル期間の長さは動画見放題サービスサイトでは最長となります。

私も無料トライアル期間という事で実際に登録してみました。

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、2017年秋ドラマを少し取り上げると、

ドラマ『コウノドリ』前作シリーズ・最新作を視聴できます。

また、ドラマ『ドクターX』第5シリーズが第1シリーズから視聴できます。

オトナ高校 動画 1話 無料 dailymotion

他にも2017年秋ドラマも色々視聴できてしまいますよ。

オトナ高校 動画 2話 無料 youtube

しかも、昔にやってた結末が思い出せないドラマから、最新の見逃しドラマまで内容充実のコンテンツとなっていて、何よりU-NEXTは作品数が断トツです。

U-NEXTの特徴はあらゆるテレビ局を網羅している事です!

つまり、

2017年春ドラマ

  • 小栗旬さん主演の『CRISIS(クライシス)』
  • 日曜劇場で話題の『小さな巨人』
  • 藤原達也さん主演の『リバース』
  • マンガでお馴染みの『恋がヘタでも生きてます』
  • 波瑠や東出昌大らが出演するドラマ『あなたのことはそれほど』
  • 沢尻エリカ主演ヒューマンドラマ『母になる』

2017年夏ドラマ

  • 渡辺直美さん主演のドラマ『カンナさーん!』
  • 火9でお馴染みの『僕たちがやりました』
  • 秋元康企画の福士蒼汰主演の『愛してたって、秘密はある。』
  • 瑛太主演の金曜ドラマ『ハロー張りネズミ』
  • 韓国ドラマリメイクドラマ日曜劇場『ごめん、愛してる』
  • 高畑充希主演の『過保護のカホコ』
  • SFヒューマンドラマ『脳にスマホが埋められた』

などの全ての見逃し配信を行っています。

お客様より十分に満足してもらっているからこそオススメできるサイトですね。

何よりこのキャンペーンはU-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものなので、絶対逃さないで下さいね!

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非無料登録する事をオススメします!

>>31日間無料お試しをしてみる<<

 

利用者の口コミは?

>>ドラマ『明日の約束』を視聴する<<

 

まとめ

今回は、ドラマ『明日の約束』の原作となった事件について詳しくご紹介してきました。

ドラマ『明日の約束』自体、重く暗いテーマなのは第1話からひしひしと伝わってきていましたが、原作はそれ以上にシリアスな内容になっていました。

色々と考えさせられる作品でもありますし、読んでいて苦しくなりますよね。

ドラマ『明日の約束』が放送されることによってこの事件が幅広く知られる事になったのもきっと意味があったのだろうと思わせられますね!

ドラマの展開はこれからどうなっていくのでしょうか?原作通りにいくと、この先仲間由紀恵さんがとんでもないモンスターになっていきますが・・・

脚本・古家さんの敏腕に期待しながら続きのストーリーも見続けていきたいと思います!

興味のある方は是非、原作の小説も手に取ってみてくださいね~!

最後までご覧いただきありがとうございました!

Pocket